• トップ
  • ニュース一覧
  • 【カンボジア戦前日会見】ハリルホジッチ監督「攻撃面で6~7つのソリューションを選手たちには提示した」

【カンボジア戦前日会見】ハリルホジッチ監督「攻撃面で6~7つのソリューションを選手たちには提示した」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2015年09月02日

「シンガポール戦はアクシデントだったと思わせなければいけない」

カンボジア戦への準備に自信を見せるハリルホジッチ監督。一方で「簡単な試合にはならない」と警戒心も覗かせる。写真:徳原隆元

画像を見る

「みなさんこんにちは。明日、カンボジア戦を迎えますが、我々には選択肢がありません。この合宿のひと言目で選手たちには、『もう勝利しかない』『相手は勝利を与えてくれないので、我々が倒しに行かなければいけない』という話をしました。

【日本代表】9.3カンボジア戦&9.8アフガニスタン戦に向けたメンバー23人
 
 サポーターのみなさんのためにも、確固たる決意を持って勝利を狙う義務があると思います。シンガポール戦はアクシデントだったと思わせなければいけない」
 
――東アジアカップと同様に今回もあまり準備期間がありませんでしたが、明日の試合に向けて手応えはいかがでしょうか。
 
「みなさんにはいつも話していますけども、たしかに時間がありません。私が叫んで全員に対して文句を言ったりすることもできるんですけども、それはなんの意味もない。つまりそれは宿命なのです。
 
 そのなかでもしっかり準備はしてきました。昨日は戦術のトレーニングしかしていません。攻撃に出るための様々なソリューションを選手たちへ提示し、アグレッシブさも要求しました。加えて、(ゴール前の)16メートルのなかに入っていこうという話やペナルティを誘えという話もしましたね。
 
 ただもう一度言いますけども、シンガポール戦はそこまで悪くなかったと思っています。極端に言えば、ゴール前での決定力を欠いただけでしたので、今回はゴール前でのトレーニングを多く取り入れた。選手、そしてチームがどのようなプレーをするかというのをみなさんも期待していると思いますので、それを見せたい。
 
 だからと言って、簡単な試合にはならないでしょう。3、4日前に行なわれたカンボジア対ラオスの試合は我々のスタッフが映像を撮りに行きましたし、いろんな映像を見て準備をしています。選手が責任を持ってやる、そういう段階に来ています」
【関連記事】
【カンボジア戦展望/予想スタメン付き】苦戦するようなら指揮官の進退問題に発展するのは必至か
「誰かの後継者にはなれない」日本代表・柴崎岳が掲げる理想像とは?
【日本代表/メンバー選考検証&スタメン予想】矛盾をはらんだ招集23人。なぜ浦和の武藤を外したのか
【連載】現地ベテラン記者が香川を密着レポート「見せつけた“特別なクオリティー”」
【連載】ミラン番記者の現地発・本田圭佑「バロテッリ復帰によるミラン、本田への影響とは?」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ