田嶋コウスケ 新着記事

【現地発】デ・ブルイネの「インテリジェンス」がマンCの圧倒的な破壊力を生む

 プレミアリーグで首位を快走するのが、マンチェスター・Cだ。2位マンチェスター・Uに8ポイント差をつけるチームが、13節までに記録した得点数は「42」。2位のマンチェスター・U(28点)、同3位... 続きを読む

英国メディアが報じた浅野の評価とプレミア「デビュー」までに待ちかまえる壁とは?

「まったくの寝耳に水。驚いたよ」 「アーセナルが、サンフレッチェ広島のFW浅野拓磨の獲得に動いている」との報道を受け、アーセナルの元選手で、現在はプレミアリーグ公式サイトなどで解説を務めるエイドリ... 続きを読む

岡崎はビッグクラブで輝けるか? イギリス”3大都市”の番記者がジャッジ

 ロンドン、リバプール、マンチェスターに本拠を置くビッグクラブの番記者の目に、今季の岡崎のパフォーマンスはどのように映ったのだろうか。プレミア参戦1年目のプレーを検証し、さらなるステップアップの... 続きを読む

優勝後に岡崎が語ったレスターの強さ。「陽の目見ない選手たち。やるべきことをやれる集団だった」

 リーグ優勝が決まった翌日のレスター市内。快晴に見舞われたその日の天気と同じように、晴れ晴れとした表情で岡崎慎司が取材陣の前に現われた。記者たちに「おめでとう」と声をかけられると、開口一番、「い... 続きを読む

岡崎を変えた「チームの勝利」から「俺のゴール」への意識改革

 レスターが、また一歩タイトルに近づいた。  3月19日(現地時間)に行なわれたプレミアリーグ第31節のクリスタル・パレス戦で1-0の勝利を飾り、2位トッテナムと勝点5差での首位をキープしたのだ。 ... 続きを読む

【プレミアリーグ】前半戦総括「混迷を極めるなかでレスターが浮上! 本命不在のまま折り返し地点へ」

 激動の前半戦の最大のトピックは「レスターの大躍進」と「チェルシーの極端なまでの低迷」だろう。  シーズン開幕前に“降格候補”と目されていた前者が首位に立ち、“... 続きを読む

【プレミアリーグ】前半戦のブレイク選手トップ10! アリなど超逸材が相次いで台頭し、豊作の前半戦に

 プレミアリーグではアリにマルシアル、ランシーニとプレミア初挑戦の超逸材が次から次に台頭し、前半戦を大いに盛り上げた。カンテやイガロら名脇役が生まれ、バトランドがついに本格開花。“豊... 続きを読む

岡崎慎司はメガクラブに到達できる? 識者の目と過去の事例から可能性を探る

 プレミアリーグは9月19日に6節が行なわれる。岡崎慎司が所属するレスターは、敵地でストーク・シティと激突。前節のアストン・ビラ戦では前半のみでの交代となった岡崎だが、今節はいかなるパフォーマン... 続きを読む

8月8日にプレミアリーグが開幕! 岡崎慎司、吉田麻也はスタメン出場できるのか?

 欧州の2015-16シーズンは、すでに柿谷曜一朗(バーゼル)がプレーするスイスリーグ、南野拓実(ザルツブルク)がプレーするオーストリアリーグが開幕しているが、主要リーグもいよいよ戦いの火蓋が切... 続きを読む

赤と青の鮮明なコントラスト――マンチェスターダービー「5つの要点」

1)意地を見せた「赤」の名門  リーグ戦5連勝中の3位ユナイテッドと、最近5試合で2勝3敗と下降線を辿っている4位シティ。169回目のマンチェスターダービーは、この勢いの差がそのまま試合に反映する... 続きを読む

レギュラーCBの離脱で先発濃厚の吉田麻也 クーマン監督の信頼を得られるか

「日本は常にアジアのチャンピオンでなければいけない。そんなプレッシャーのなかで勝つのは非常に難しい。ただ、自分としては(サウサンプトンを離れる)リスクを冒して行く。アジアカップは勝たないと意味が... 続きを読む

香川真司 どう活きるか、どう活かすか――命題を抱えたまま、アジアカップへ

 アジアカップ前最後の強化試合となったオーストラリア戦を、香川真司は不完全燃焼で終えた。  4-3-3の右インサイドハーフでスタートし、4-2-3-1へのシステム変更に伴い、前半途中からは得意のト... 続きを読む

本田との「縦ライン」が生命線? 香川真司、インサイドハーフで生きる道

 自軍のスペースを埋め、味方のカバーリングにも走るインサイドハーフのポジションは、トップ下に比べると守備のタスクが格段に増える。左のインサイドハーフで先発した香川真司は、低い位置でのプレーを強い... 続きを読む

香川真司 無傷の4連勝でCLベスト16へ 意義深いガラタサライ戦の勝利

「試合の内容を見たら、もっと攻撃で積み重ねないといけないところがあったり、単純にミスが多かったりはしました。ただグループステージを通して戦わないといけない。ほぼ(突破が)決まりかけていた状況で、... 続きを読む

香川真司 「潤滑油」として機能するも、高かった王者バイエルンの壁

 ブンデスリーガ6節から4連敗中で、15位と降格の危険水域に沈むドルトムントが、首位のバイエルンを相手に善戦した。  ドルトムントは31分に先制しながら、終盤に2点を奪われて逆転負け。しかしながら... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ