エル・パイス紙 新着記事

【現地発】バルベルデ監督が徹底させた「ある約束事」が、ブスケッツの存在感を際立たせる

 いまから2年前の夏、パリ・サンジェルマンはセルヒオ・ブスケッツ獲得のため、バルセロナに対して1億ユーロ(約130億円)のオファーを提示した。 代理人のジョゼップ・マリア・オロビトグはこれを突っ... 続きを読む

【現地発】バルベルデ監督の下で「若々しさ」を取り戻したイニエスタ

 ネイマールほどアウェーチームのファンを苛立たせるバルセロナの選手はいなかった。ジェラール・ピケほど敵チームのファンからブーイングを浴びせられる選手もいなければ、リオネル・メッシほど相手チームの... 続きを読む

【現地発】R・マドリーの番記者が絶賛「クラブの転換期にバルサは理想の指揮官を見出した」

 写真の愛好家であるエルネスト・バルベルデは、優れた観察眼の持ち主でもある。 バルセロナの監督という重圧のかかるポストに就いても、決して自分を失うことはなく、言動はつねに控えめでありながら、役割... 続きを読む

【現地発】膝の大怪我から4度目の復帰。不死鳥アセンホが9か月のブランクを経てゴールマウスに舞い戻る!

 ビジャレアルのGKセルヒオ・アセンホのサッカー人生は、まさに試練の連続だ。 サッカー選手に多い怪我の中でもっとも重い部類に入る膝の前十字靭帯の断裂を、実に4度も経験。最初の3回は右膝で、今年2... 続きを読む

【現地発】敵地でスタンディングオベーションを受けるバルサの背番号8。いまや国内だけでなく欧州の舞台でも

 2010年南アフリカ・ワールドカップ決勝の延長後半だった。セスク・ファブレガスのパスにアンドレス・イニエスタが右足を振り抜き、115分もの間スコアレスが続いた試合の均衡をついに破った。 結局こ... 続きを読む

【現地発】C・ロナウドにも堂々と意見。S・ラモスが「チーム一丸」を呼びかける

 レアル・マドリーのセルヒオ・ラモスは今シーズン、まだリーガ・エスパニョーラでゴールを決めていない。チャンピオンズ・リーグ(CL)ではホームのAPOEL戦で1得点、スペイン代表としてはいずれもP... 続きを読む

【現地発】皇帝モストボイらが母国開催のW杯成功に自信を示す。「最高の大会になる予感が」

 ロシアが生んだ最高のテクニシャンであり、そのマエストロ然としたプレースタイルから、現役時代は皇帝を意味する「ツァー」と呼ばれたアレクサンダー・モストボイ。母国でワールドカップが開催される201... 続きを読む

【現地発】“現在地”はFWの5番手。F・トーレスとアトレティコの関係は来年1月に終焉を迎えるのか

 フェルナンド・トーレスの2度目のアトレティコ・マドリー在籍は、移籍市場が再開する来年1月で終わりを告げることになるかもしれない。トーレス自身にその意思はないものの、取り巻く状況は彼を確実に退団... 続きを読む

【現地発】好調バルサが抱える潜在的なリスクと不安

 ネイマールの電撃退団と、移籍市場での度重なる失態の影響で、アンバランスな陣容のまま開幕を迎えざるを得なかったバルセロナ。やはり、というべきか、ここにきてさまざまな問題が噴出している。今シーズン... 続きを読む

【現地発】ゴールが遠い…。バルサの点取り屋、スアレスの存在感が希薄になった理由

 もう何年も前の、あるパーティーでのことだ。 人が大勢集まる場所をあまり得意としないリオネル・メッシは、会場内に置かれていた大きな白いソファーに腰をかけていた。主に彼の話し相手になっていたのは、... 続きを読む

【現地発】カシージャスはなぜ「不良債権」になったのか?

 世界でもっとも巨大な影響力を持つ代理人ジョルジュ・メンデスは、2015年春に周囲を唖然とさせる仰天の移籍オペレーションを実現させた。世界屈指のGKであるイケル・カシージャスのレアル・マドリーか... 続きを読む

【現地発】メッシの信頼も即座に勝ち取る! バルサ新監督の卓越したマネジメント能力

 ロシア・ワールドカップ南米予選の最終節、敵地のエクアドル戦で圧巻のハットトリックを達成してアルゼンチン代表を本大会出場に導いたリオネル・メッシが、バルセロナに帰還して初練習に参加した時の出来事... 続きを読む

【現地発】識者が語る「監督ジダン」の凄み。采配100試合で7タイトルはなぜ可能に?

 ジネディーヌ・ジダンがレアル・マドリーに加入したのは2001年夏。ユベントスから当時の史上最高額だった7350万ユーロ(現レートで約95億5000万円)で移籍してきた。以来、フロレンティーノ・... 続きを読む

【現地発】「メッシの本質」は自然体にあり。愛息子の言葉が何よりの源だ

 10月10日のエクアドル戦を前にして、アルゼンチン代表はワールドカップ予選敗退のかつてない瀬戸際に晒されていた。  対戦相手のエクアドルはアントニオ・バレンシア、フェリペ・カイセドという飛車角落... 続きを読む

【現地発】アセンシオが「メッシ・パターン」でスター街道を邁進! ジダンの的確な庇護とは?

 フットボーラーの「スター街道」の歩み方には、一定の法則が存在する。大半は早くに頭角を現わす早熟タイプ。その中で特急列車のように一直線で頂点に到達する選手、準急列車のように何度かの停車を経ながら... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ