結城麻里 新着記事

メッシ&C・ロナウドからハーランド&エムバペ時代へ? 早くもフランスで“バロンドール論争”が過熱【現地発】

 まだ春も来ていないフランスで、早くもバロンドール・レースが話題になっている。 世界一の個人褒賞であるバロンドール(『France Football』誌主催、毎年12月に受賞式)は昨年、新型コロナ... 続きを読む

「団結を崩すな」智将サンパオリの下で再出発した“反逆”のマルセイユ。長友佑都、酒井宏樹の起用法に変化も?【現地発】

「“反逆”の概念を、現状から脱するために使う」 マルセイユで初の記者会見をしたホルヘ・サンパオリは、こんな言葉を発した。「私は変革したいという真摯な気持ちを見せるつもりだ... 続きを読む

「何かを超越するという点で…」フランスの智将が読み解く日本人選手の“弱点”とは?【独占インタビュー/後編】

 2007-08シーズンにリヨンを率いてリーグ・アンを制し、翌シーズンには古豪サンテティエンヌの指揮官として松井大輔(現サイゴンFC)を指導するなど、日本でも馴染みのあるフランス人監督アラン・ペ... 続きを読む

「酒井への批判は理解できない」「長友は準備が…」フランスの智将はマルセイユの日本人コンビをどう見る?【独占インタビュー/前編】

 アラン・ペランは、2007-08シーズンにリヨンを率いてリーグ・アンを制して、翌シーズンには古豪サンテティエンヌの指揮官として松井大輔(現サイゴンFC)を指導。日本でも馴染みのあるフランス人監... 続きを読む

満身創痍のマルセイユで、長友佑都が奮闘!ボルドーのエースを封じ込め、ついに本領を発揮【現地発】

 身も心も傷だらけになったオランピック・ド・マルセイユの壮絶な戦(いくさ)が、現地でじんわりとした感動を呼んでいる。日本代表DFの長友佑都も2月15日付『L’EQUIPE』紙で採点「... 続きを読む

ネイマールの“負傷歴”はトップスター級! 度重なる離脱はパーティーのせい? フランスで渦巻く「飽き」と「失望」【現地発】

 パリ・サンジェルマンのネイマールがまたしてもチャンピオンズ・リーグ、ラウンド・オブ16の決戦を前に負傷し、フランスにフラストレーションが渦巻いている。 今回のネイマールはフランス杯(クープ・ド... 続きを読む

ヴィラス・ボアス監督の電撃解任、サポーターの暴徒化――仏の名門マルセイユでいったい何が起きているのか? 【現地発】

 サポーターの蜂起に続いて、辞任表明したアンドレ・ヴィラス・ボアス監督を電撃解任したオランピック・ド・マルセイユ。ジャック=アンリ・エロー会長の孤立がますます深まり、フランス中の視線はその去就に... 続きを読む

「進化は止まった」突如スランプに陥ったエムバペにバッシングの嵐! 仏メディアが指摘する不調の原因は…【現地発】

 リーグ・アン第21節で2ゴールをマークし、1月28日時点で14ゴールと得点王レースのトップを独走中のキリアン・エムバペ。だが、実は長いスランプに陥っている。 その兆しが見えたのは、昨シーズンの... 続きを読む

「サカイ、流暢」酒井宏樹のフランス語会見に、記者団から送られた“励まし”の拍手! その様子が現地ファンの感動を呼んだワケ【現地発】

 そのコメントは現地時間1月23日夜、モナコ対マルセイユ戦(3-1)の真っただ中にテレビから流れてきた。「ヒロキ・サカイがフランス語で記者会見しましたね。しかもジャーナリストたちが拍手をしました... 続きを読む

パリSGの新指揮官ポチェティーノが、直ちに乗り越えるべき“4つの課題”。レオナルドSDとの関係は…【現地発】

 新たに監督となったマウリシオ・ポチェティーノ率いるパリ・サンジェルマンが現地時間1月3日、新年初練習を行なった。 フランスではクリスマスから招聘が規定路線になっていたため、29日の正式就任まで... 続きを読む

フランス・メディアにスケープゴートされた酒井と長友。評価を上げるために必要なのは…【現地発】

 日本代表の酒井宏樹と長友佑都が所属するオランピック・ド・マルセイユは12月31日、1週間の短いウインターブレイクを終え、早くも後半戦に向け練習を再開した。 バカンス中にマルセイユをめぐって話題... 続きを読む

「部屋からは怒鳴り声の応酬が…」トゥヘル監督の残酷な解任劇はなぜ起きた? パリSGから追放された“3つの理由”【現地発】

 トーマス・トゥヘル監督解任の舞台裏が徐々にわかってきた。それはやはり、残酷だった。 リーグ・アン前半最終日となった12月23日、パリ・サンジェルマンは日本代表GK川島永嗣がゴールマウスを守るス... 続きを読む

「世紀の金庫破り」でリーグ・アンの放映権は行方不明? ジャーナリストたちが真っ青になった前代未聞の事態とは【現地発】

「世紀の大強盗」――。 12月12日、フランスのスポーツ全国紙『L’EQUIPE』の一面は、こんな大見出しを掲げ、ショッキングなスペイン製人気シリーズの強盗団仮面をずらりと並べた。 ... 続きを読む

その時、パリSGのロッカールームでは激論が交わされていた――。審判の人種差別発言で試合が打ち切りとなった“歴史的一夜”の舞台裏【現地発】

 中断したチャンピオンズ・リーグ(CL)パリ・サンジェルマン対バシャクシェヒル戦(8日)の舞台裏が、現地フランス・メディアの取材で徐々に明らかになってきた。 第4審判による人種差別ととれる発言で... 続きを読む

「魂は止められない」“消えていた”マルセイユのアルゼンチン人FWが、マラドーナに捧げた9か月ぶりのゴール【現地発】

 そのとき彼は、チームメイトたちにもみくちゃに抱きしめられてから、テレビカメラに向かって突進した。そして背後の、誰もいないスタンドを指さした。そこには巨大なディエゴ・マラドーナの肖像画が飾られて... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ