「我々は彼らを許さない」仏紙がCL軽視のスーパーリーグ構想に憤怒! 一方で、“裏切り者”にならなかったパリSGが抱えるジレンマ【現地発】

カテゴリ:ワールド

結城麻里

2021年04月20日

「金持ちどもの戦争」の見出しを打ち…

伝統あるCLの権威を揺るがすとスーパーリーグに猛批判。 (C)Getty Images

画像を見る

 アメリカの大銀行JPモルガンの財政支援で、12の欧州メガクラブが欧州スーパーリーグ創設を宣言した。これにより、フランスはいま激怒の嵐に包まれている。

 発表直後の夜の討論番組『L’EQUIPE DU SOIR』は、急きょ経済学者ピエール・ロンド氏を呼び寄せ、12クラブの構想を分析した。

 同氏によると、スーパーリーグ全収益の32%以上は結果の如何にかかわらず常に創設クラブに分配される構想で、純粋スポーツ面(結果)による分配は全体収益のたった20%。また、テレビ視聴率の高さまでが分配基準になっているという。要するにメガクラブが最初から大金を手にできる「ビジネス興行大会」で、出演者も視聴者も目がテンになった。

 番組はまた、イングランドでも猛反発が噴出していることを次々に速報。マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるアレックス・ファーガソン卿が、このプロジェクトに怒り心頭のコメントを発したこともいち早く伝えた。

 一夜明けた現地時間19日の『L’EQUIPE』本紙は、一面に「金持ちどもの戦争」の大見出しを掲げ、憤怒と疑問を主張。社説では、フランスを代表するオピニオンリーダーのヴァンサン・デュリュック記者が、「裏切者ども」の見出しで容赦なく12クラブを斬首した。
 
 その書き出しは、「もし彼らが自分たちのプロジェクトの最後まで行くなら、我々は彼らを許さないだろう。また彼らが諦めたとしても、それでも許さない」だった。

 フランスはカトリックの伝統から許す心と寛大さを重視しているため、「許さない」は滅多に使わない言葉で、これを使うときは「死んでも許さない」という意味合いをもつ。けっして許してはならない不正義に命がけで抗するときの言葉であり、感情的なこけ脅しではない。

 次いでデュリュック記者は、「1954年にこの新聞によってもたらされた思想を裏切るばかりでなく、ずっと以前から欧州フットボールを愛し、その建設を助けてきた全ての人々を裏切るものだ。彼らは他の人々のお蔭で自分たちのいまがあることを忘れてしまった」と痛烈に斬った。

 チャンピオンズ・リーグ(CL)は『L’EQUIPE』紙記者の奔走によって純粋スポーツ的な観点から創設され、それを基本に多くの人々の努力で世界的に発展してきたからだ。
【関連記事】
マンUに続き、アーセナル、チェルシー、トッテナムが欧州クラブ協会を脱退! 国際大会からの締め出しは“違法”と主張か
“欧州スーパーリーグ狂騒”の余波でパリSGにCL制覇の可能性が浮上! UEFAが怒りの強権を振るうか
12のメガクラブが参加決定の“欧州スーパーリーグ構想”が正式発表!UEFAと全面衝突へ「所属選手の代表活動を認めない」
モウリーニョを電撃解任したトッテナム、最も有力な後任候補は? 英紙が報道
「あんな嘘つきは見たことがない」UEFA会長がユベントス会長&マンU・CEOの“裏切り”を痛烈批判!「ESLはただの噂と言っていたくせに…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ