ワールドサッカーダイジェスト編集部 新着記事

出会いはなんと…イタリア代表DFの“年上パートナー”、ミケーラ・ペルシコとは?【“WAGs”pedia】

 フットボーラーの気になるパートナーの素性を紹介するのが『ワールドサッカーダイジェスト』誌で好評連載中の「“WAGs”pedia」。23回目は、ユベントスからカリアリにレ... 続きを読む

マドリーはなぜチェルシーに凌駕されたのか? 優勢に見えた試合展開で生じた“誤算”【小宮良之の日本サッカー兵法書】

 欧州3連覇の名将ジネディーヌ・ジダンが率いたレアル・マドリーだが、今回は準決勝でチェルシーの前に膝を屈した。ファーストレグは1-1と五分に渡り合った。受け身に回りながらも、撓むような戦い方で、... 続きを読む

【セルジオ越後】三木谷会長のチーム作りは疑問だが。2年契約のイニエスタ、残された最後の宿題は…

 元スペイン代表のアンドレス・イニエスタが5月11日にヴィッセル神戸と2年間の契約延長を発表したね。前日には、「重要な会見」を行なうというちょっと思わせぶりなリリースを出して、世間をざわつかせた... 続きを読む

【識者の視点】クラブでは異次元の三笘薫と、地獄にいる久保建英。しかし代表のスタメンに推すなら…

 今季のパフォーマンスで言えば、圧倒的に三笘薫のほうが優れている。ゴールやアシストなど決定的な仕事ばかりで、もはやJリーグでは異次元の存在だ。 ただし、それは川崎のチーム力に乗っている部分が大き... 続きを読む

【岩本輝雄】人生初のピッチサイドシートでの観戦! 間近で見たアマジュンやイニエスタの美技

 人生初の経験。マリノス対ヴィッセルの試合は、ピッチサイドシートで観戦した。いつもはメインスタンドのピッチに近い席のチケットを買っているんだけど、一度ピッチレベルで見てみるのも面白そうだなって。... 続きを読む

識者が判定! 久保建英と三笘薫、いま凄いのはどっち?<2>勝敗は明らかだが、困難の中にこそ機会はある

 ヘタフェの久保建英と川崎フロンターレの三笘薫は、いまの日本サッカー界が誇る最も魅力的なアタッカーたちだ。ともにウイングを主戦場とし、ドリブルで仕掛けてチャンスを生み出す。活躍の舞台は異なるが、... 続きを読む

識者が判定! 久保建英と三笘薫、いま凄いのはどっち?<1>ともに課題は守備力も、現時点では圧倒的に…

 ヘタフェの久保建英と川崎フロンターレの三笘薫は、いまの日本サッカー界が誇る最も魅力的なアタッカーたちだ。ともにウイングを主戦場とし、ドリブルで仕掛けてチャンスを生み出す。活躍の舞台は異なるが、... 続きを読む

バルサが誇る“18歳の至宝”ペドリは何が凄いのか? 異質な個性が混在した超逸材の魅力に迫る【現地発】

 ペドリは捉えどころのない選手だ。ビルドアップ、ゲームメイク、フィニッシュと試合の局面は関係ない。ピッチの至るところに顔を出す神出鬼没ぶりを活かし、すべてのプレーに関与し、的確に速い判断を見せる... 続きを読む

J・フェリックスとアセンシオは、なぜ伸び悩んでいるのか? クラブOBに訊いた【現地発】

 才能に恵まれながら、伸び悩む選手は少なくない。現在ラ・リーガにおいて傍から見るとこの不可解な現象に陥っている代表的な2人の選手がアトレティコ・マドリーのジョアン・フェリックスとレアル・マドリー... 続きを読む

バイエルンの監督就任が発表された、33歳ナーゲルスマン。青年指揮官の知られざる経歴とは?【現地発】

「28歳でブンデスリーガの監督に就任」というインパクトは、今思い返してみてもやはり強烈だ。 ユリアン・ナーゲルスマンが、ホッフェンハイムで監督デビューをしたのが2016年。歴代最年少監督が、当時... 続きを読む

折れそうで折れない――。「使った選手を信じる」ジダン・マドリーの強み【小宮良之の日本サッカー兵法書】

 レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督は、戦術的なチームを志向しない。システム化された戦いとは対極的。むしろ、個の力量に頼ったもので「フィーリング」に近いだろう。 先日、欧州チャンピオンズ... 続きを読む

【三浦泰年の情熱地泰】大谷翔平のメンタリティに感動!サッカー界は彼の言葉をどう捉えるか

「ショウヘイが出てる試合は勝ち星が多いと言われるように!」 週末、彼のメジャーリーグでの活躍が取り上げられている番組の中で、そうインタビューに答えていた。素晴らしいことである。プロ野球選手にもこ... 続きを読む

モドリッチやイニエスタ…“サッカーを知っている選手”とは?【小宮良之の日本サッカー兵法書】

 日本ではこの表現は正しく使われないことが多いが、スペイン語圏では頻繁に用いられる。スペイン語では同じ知るという動詞でも、SaberとConocerという二つの知る、がある。ここでの正解はSab... 続きを読む

堂安&奥川、大迫は1部に残留できるか? ブンデス下位の最終結果を大胆予想【現地発】

 2020-21シーズンのブンデスリーガも、残すところあと3試合となった。 シャルケの31年ぶりとなる2部降格が確定したが、残留争いは最後までし烈な戦いとなりそうだ。現時点で降格の可能性を残す6... 続きを読む

【三浦泰年の情熱地泰】2つのイベントで感じた音楽の偉大さ!サッカー界はその価値を発信できているか?

 4月は2つのエンターテイメントを堪能した。 本当に素晴らしい、価値のある時間であった。 筒美京平の世界inコンサート。筒美京平さんは、数多くの日本のポップス(J-POP)、歌謡曲などを作った日... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ