【高校サッカー勢力図】出身都道府県別 選手権出場プレーヤー数ランキング|人材供給に優勝効果、越境入学… 数字から見える現在地

カテゴリ:高校・ユース・その他

サッカーダイジェストWeb編集部

2015年12月10日

37~46位|最もバラエティに富んだ“多県籍軍団”は、あの名門校。しかし、それも絶対女王の前では……。

プレミアリーグEASTでは僅差の2位に食い込むなど今季の青森山田は充実の強さを見せている。夏の総体では悔しい初戦敗退となっただけに、冬への意気込みは相当に強いはずだ。写真:安藤隆人

画像を見る

 47都道府県のランキングをここまで4つに切って見てきたわけだが、37~46位の層はその代表校の顔ぶれを見ると、どこが上位に来てもおかしくない実力を持っているチームばかり。前回優勝の石川・星稜や同準優勝の群馬・前橋育英、プレミアリーグEAST2位の青森山田、U-18日本代表FWの岩崎悠人を擁し3年連続8強以上の京都橘etc.……。
 
 もちろんこれらのチームには、越境入学した有力選手が多いのは事実だが、過去10年の優勝チームを見ると、必ずしもそうしたチームが日本一の栄冠に輝いているわけでもない。富山一や広島皆実、盛岡商、野洲など、ほぼ地元出身選手だけで構成されたチームが優勝するケースも少なくない。結局のところ、コンペティティブな側面において、地元出身の選手が多い・少ないとか、越境入学者が多い・少ないなどというのはあまり関係がないようだ。
 
第94全国高校サッカー選手権
出身都道府県別 出場選手数ランキング(37~46位)
※( )内は地元代表校の選手数
37位:栃木……19人(17人)
   京都……19人(15人)
   高知……19人(19人)
40位:石川……16人(13人)
41位:群馬……15人(11人)
42位:鳥取……14人(12人)
43位:青森……11人(10人)
   福島……11人(6人)
45位:和歌山……6人(4人)
46位:宮城……4人(2人)
   山梨……4人(4人)
 
注目ポイント6)最も多様な都道府県出身者がいるチームは?
 
 ここまで47都道府県の出場選手数ランキングを見てきたが、果たして最もバラエティに富んだ都道府県出身者がいるチームはどこか。以下、トップ5を挙げたい。
 
1位 青森山田 12都道府県
2位 前橋育英 11
3位 聖和学園 10
   矢板中央 10
   東福岡  10
 
 やはり強豪校、常連校と言われるチームには、全国各地からその門を叩く選手たちが集まっているのが分かる。選手の出身地が6都道府県前後という強豪校が多いなかで、上記の5校はやはり知名度やスカウト活動などの面で大きな力があると言えそうだ。
 
 ちなみに女子では、全日本高校女子サッカー選手権を2連覇中の絶対女王・日ノ本学園(兵庫)の選手たちの出身は、なんと20都道府県を数える(岡山・作陽も20都道府県)。まさに、上には上がいるというものだ。

日ノ本学園は2年連続で総体と選手権の二冠を達成する強豪校。昨今のなでしこジャパンのW杯、五輪での活躍を見れば、女子が活発な動きを見せているのも頷けるところだ。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ