【選手権】予選で敗れ去った今季注目の逸材たちのエピソード[後編]未完の大器、最強世代、全国屈指のアタッカー…敗れし者たちが見据えるもの

カテゴリ:高校・ユース・その他

安藤隆人

2015年11月25日

選手権での『名門復活』は果たせずも、CB転向3年でプロ契約を勝ち取った未完の大器。

CB転向からわずか2年ほどでプロ契約を勝ち取るまでとなった鹿児島実の大南。選手権での名門復活は、後輩たちに託した。写真:安藤隆人

画像を見る

 勝者がいれば、敗者がいる――。
 今年も全国各地で熱戦が繰り広げられた高校選手権の地区予選。全国の舞台には辿り着けなかったが、今年の高校サッカーを沸かせた役者たちやチームがある。ここでは彼らにスポットライトを当ててみたい。
 
【高校サッカー】2016年Jクラブ内定&有望選手 
 
大南拓磨
(鹿児島実/3年/DF/磐田入団内定)
 
 184センチの高さに加え、対人プレーでは抜群のスピードで相手を封じ込める。CBとして必要な要素を持ち合わせた大南に託されたのは、『名門復活』だった。
 
 今年のインターハイ予選決勝では、粘る神村学園を振り切る決勝ゴールを延長戦で決め、チームを2年連続のインターハイ出場に導いた。しかし、8年ぶりの出場を目指した選手権は、鹿児島予選準決勝で涙を呑んだ。インターハイ予選の準決勝で勝利した鹿児島城西に1-3の逆転負けを喫し、彼の高校サッカーは幕を閉じた。
 
 CBにコンバートされたのは高校に入ってからだった。それまでは長身FWとして、ポストプレーとヘッドを得意とする選手だったが、森下和哉監督によってCBにコンバート。狙いは「高さとスピードは後ろで活きると思った。気持ちも強いし、CBにふさわしい人材だった」(森下監督)。
 
 最初は戸惑ったが、徐々にインターセプトや空中戦で競り勝つ喜びを味わっていくうちに、CBの魅力を感じるようになった。そして、CBに転身してたった3年間で、プロからオファーを受けるまでに成長した。
 
 飛躍的な成長はメンタル面の向上が大きかった。1、2年時はCBというポジションに慣れるのに必死で、客観的に自分を見られなかった。しかし3年になり、ディフェンスリーダーの役割を任され、伝統ある鹿児島実を背負う存在として、森下監督の厳しい指導を受けていくうちに、確固たる自覚が生まれていった。
 
「鹿児島実業という伝統と、学校としても創立100周年ということもあって、選手権に出場しないといけないと思っています。そのためには僕がしっかりと守備陣を率いて、失点をしないことが重要だと思っています。これからCBとして勝負していく以上、もっとレベルアップしないと、その目標は達成できないと思います」
 
 結果は無念の予選敗退となってしまった。しかし、リーダーとしての自覚は間違いなく彼のベースとなったはずだ。この経験が大南の能力を磨き上げ、磐田加入内定を勝ち取るなど、この世代を代表するCBのひとりへと成長させたとも言える。
 
 当然、まだCBをやり始めて3年ということもあって課題は多い。だが、たった3年でプロ入りを勝ち取ったことは、間違いなくそのポテンシャルの高さの証明であり、今後の伸びシロの大きさにさらに期待したくなる。
 
 将来性に富む未完の大器とも言えるだけに、まだまだCBとしての完成形は予想できない。プロの世界で彼はどんな成長曲線を描くのか。サックスブルーのユニホームを着て、躍動する大南の姿を見るのが今から楽しみだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ