【選手権】予選で敗れ去った今年注目の逸材たちのエピソード[前編]悪夢の失点、未熟さ痛感、終盤の逆転劇…

カテゴリ:高校・ユース・その他

安藤隆人

2015年11月25日

終了間際のスーパーゴールに沈んだ作陽。エースが感じた責任の重さ。

来季の浦和加入が内定している伊藤。選手権予選では敗れたが、プロの舞台での活躍が楽しみだ。写真:安藤隆人

画像を見る

 勝者がいれば、敗者がいる――。
 今年も全国各地で熱戦が繰り広げられた高校選手権の地区予選。全国の舞台には辿り着けなかったが、今年の高校サッカーを沸かせた役者たちやチームがある。ここでは彼らにスポットライトを当ててみたい。

【高校サッカー】2016年Jクラブ内定&有望選手 
 
伊藤涼太郎
(作陽/MF/3年/浦和入団内定)
 
 悪夢の結末が待っていた。岡山県予選決勝の玉野光南戦。先制ゴールを決めたのは、作陽の背番号10・伊藤涼太郎だった。予選前に来季のJ1浦和への加入内定を発表し、全国的にも注目を浴びていた伊藤がゴールを決めたことで、シティーライトスタジアムは大いに盛り上がり、作陽イレブンも勢いに乗った。
 
 しかし、肝心のエースが波に乗り切れなかった。後半に入ると、ドリブルを仕掛けても引っかかり、攻撃のリズムを作れない。徐々に押し込まれ始めると、悪夢の後半アディショナルタイムが待っていた。玉野光南に鮮やかなボレーで同点ゴールを決められると、延長後半アディショナルタイム3分、またもスーパーゴールを浴び、逆転を許してしまった。
 
 青ざめる作陽イレブン。それでも伊藤は最後のチャンスに懸けて、ドリブルで仕掛ける。しかし、放ったシュートがバーの上を越えていった瞬間、タイムアップのホイッスルが鳴り響いた。
 
 伊藤の高校サッカーは壮絶な逆転負けで幕を閉じた。その場にうずくまって動けない彼は、仲間に抱き起こされた。涙が止まらず、なにも語らぬままスタジアムを後にした。
 
 ただロッカールームに引き上げる際、取材で既知の間柄だった筆者に、伊藤は小さく会釈をした。「お疲れ様でした、次に向けて頑張って」と声を掛けると、「すみませんでした……。ありがとうございます」と涙を堪えながら話してくれた。
 
 その言葉に伊藤の想いが詰まっていた。エースとして期待されながらも、チームを選手権に連れて行けなかった責任の重さと、自身への悔しさが彼を支配していた。
 
 伊藤の次なるステージはJリーグだ。国内トップクラスのビッグクラブである浦和での熾烈な生存競争が待っている。
 
「どうせやるなら、レベルが高くて、厳しい世界でやりたい」
 
 来季の加入内定が決まった時には、こう話していた。すでに覚悟は出来ている。この悔しさを糧に、伊藤は新たな世界へ羽ばたこうとしている。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月10日号
    9月26日発売
    全4135選手!
    都道府県別
    Jリーガー
    輩出ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月17日発売
    欧州81クラブの
    最新スタイルを総点検
    「戦術&キーマン」
    完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ