【高校サッカー勢力図】出身都道府県別 選手権出場プレーヤー数ランキング|人材供給に優勝効果、越境入学… 数字から見える現在地

カテゴリ:高校・ユース・その他

サッカーダイジェストWeb編集部

2015年12月10日

11~23位|前々回覇者の富山一に見られる“優勝効果”と越境入学の原動力。

優勝した前々回以来の出場を果たした富山一。今回も優勝当時と同様、ほとんどが地元出身の選手で構成されている。写真:田中研治

画像を見る

 11位以下にもなると、全体に占める地元代表校出身者の割合が高くなる。県外への人材流出が比較的少ないと言えるが、そうしたなかにも近年の傾向や、興味深いドラマが隠されているものだ。
 
第94全国高校サッカー選手権
出身都道府県別 出場選手数ランキング(11~23位)
※( )内は地元代表校の選手数
11位:滋賀……35人(30人)
   広島……35人(30人)
13位:岐阜……34人(30人)
14位:北海道…33人(29人)
   富山……33人(28人)
   佐賀……33人(30人)
   沖縄……33人(30人)
18位:新潟……32人(30人)
   長野……32人(30人)
   山口……32人(30人)
   香川……32人(30人)
   大分……32人(30人)
23位:山形……31人(30人)
   茨城……31人(19人)
 
注目ポイント3)選手権優勝の効果
 
 前ページのJクラブ下部組織出身ランキングで3位に食い込んだのが9人を輩出した富山U-15。9人すべてが、前々回大会で劇的な優勝を遂げた富山県代表の富山一に所属している。
 
 じつは富山一の大塚一朗監督は前々回の優勝後、『高校サッカーダイジェスト』のインタビューにこう語っている。
「今年は厳しいですよ。新3年生(※2015年春に卒業)が本当に少ない。じつは新3年生の代から発足したカターレ富山U-18に多くのタレントが進んだこともあって、層がかなり薄くなっている。だからこそ、試合で結果を出すために、さらなる工夫をしなければいけない」
 
 2012年に富山U-18が発足する以前の09年には富山U-15も発足しているが、2013年の優勝当時にはやはり富山U-15出身の選手はひとりも入っていない。そして大塚監督が危惧したとおり、昨季は総体、選手権ともに全国を逃す結果となってしまった。
 
 ただし、全国優勝の効果は大いにあったようだ。部員数は優勝当時の94人(2013年時)から122人(2015年)に増加。競争力が格段に上がったなかで、今大会は9人の富山U-15出身選手のうち期待の1年生3人がエントリー予定となっている。
 
注目ポイント4)プロになる夢、選手権への憧れ
 
 23位の山形(31人)は、地元代表校の日大山形がオール県内出身者で、1人のみが県外チームからの参戦となっている。そして、この1人こそ来季の湘南加入が内定する今大会注目のアタッカーで、青森山田の10番を背負う神谷優太である。
 
 山形で生まれ育った神谷は、小学校時代に東京ヴェルディジュニアのセレクションに合格。プロになる夢を叶えるべく、母親とともに生活の拠点を東京に移し、東京Vジュニアからジュニアユース、ユースと順調にキャリアを重ねていった。
 
 しかし、6年前に柴崎岳を中心とする青森山田の準優勝を見て以来、選手権にはずっと憧れがあったという。それを今年1月、青森山田への転入という形で実現させた。
 
 加入して1年にも満たないチームで神谷はすぐさまフィット。高円宮杯プレミアリーグEASTでは今年、得点ランキング3位の活躍で優勝こそ逃したもののリーグ2位の好成績にも大きく貢献している。
 
 神谷のケースは象徴的な例で、こうした夢や憧れという強い想いが、越境入学という決断の大きな原動力になっていると言えるだろう。
 
【関連記事】
【高校サッカー】全代表校が決定! 明暗分けた「来季プロ入り内定&有望選手」の選手権予選
【選手権】予選で敗れ去った今年注目の逸材たちのエピソード[前編]悪夢の失点、未熟さ痛感、終盤の逆転劇…
【選手権】予選で敗れ去った今季注目の逸材たちのエピソード[後編]未完の大器、最強世代、全国屈指のアタッカー…敗れし者たちが見据えるもの
【高校サッカー】選手権の組み合わせが決定! 前回王者・星稜の初戦は、スーパーゴールで世界を席巻した玉野光南
【J1&J2&J3全52クラブ/1試合平均観客動員・増減ランキング】J1リーグは「1ステージ制の14年」に比べ、「2ステージ制の15年」が上回る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ