【セルジオ越後の天国と地獄】「今の代表は退屈」という声は当然だね。 11月に勝っても「虚像JAPAN」にすぎないよ

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2015年10月14日

11月の2試合で日本が強くなった錯覚するだろうけど、それは本当の意味の強さを伴わない「虚像JAPAN」だよ。

こんな調子で強化して、ワールドカップは惨敗――そんな姿が目に浮かぶね。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 
 それにしても、南野に45分ぐらいプレーさせてあげたかったね。あの起用を見ると、なんのために呼んだのか疑問だよ。南野のためにならないし、ベンチにいたU-22代表の手倉森監督にとっても参考にならないだろうね。技術委員長はベンチでこの起用法を見て、強化の観点からなにも思わないのかな。
 
 日本の選手層が一向に厚くならない理由が、いろいろ分かった試合でもあるね。選手を試したいけど、勝利ボーナスも欲しい。ハリルのそんなジレンマが透けて見えるよ。
 
 こんな調子で強化して、ワールドカップは惨敗――そんな姿が目に浮かぶね。でもプロの監督であれば、少しでも多く稼ぎたいのは当然だし、それ自体は決して責められない。だからこそ、協会や技術委員長の舵取りが重要なんだけどね。
 
 強化には資金が必要で、協会が稼ごうとしたら“真の強化試合”は少なくなる。なぜなら、主力を揃えた強豪国と対戦するとなれば、それなりの資金がかかるからね。当然、日本は資金を払う側で、儲けを優先したら大した相手が日本に来ない。だからと言って、強豪国を呼べば採算が合わない。
 
 もちろん興行で稼ぐのは悪いことじゃないよ。でも、その儲けは協会の懐を肥やすためじゃなく、日本の純粋な強化に充ててほしいよね。2014年度決算で協会は21億円の黒字だったみたいだけど、その割にリオ五輪世代にさして投資していないし、強化に還元されていない印象を受けるよ。
 
 ブラジル大会でグループリーグ敗退した事実を、本当に反省しているのかな。本田はワールドカップ優勝と口にしていたけど、選手たちには自由に言わせておけばいい。
 
 サッカーファンだって、日本の現状に不安を抱いているでしょ。ワールドカップに行けるのか、五輪に行けるのかって。着実に日本が成長していれば、今みたいな閉塞感は生まれないはずだけどね。
 
 ただ11月の2試合は楽だから、日本が強くなったとまた錯覚するだろうけど、それは本当の意味での強さが伴っていない「虚像JAPAN」にすぎないよ。
 
【関連記事】
金田喜稔がイラン戦を斬る! 「意図のある攻撃が見られなかったのは非常に残念。『縦パス』を有効活用すべきだ」
【日本 対 イラン】サッカーダイジェスト取材記者の採点&寸評
イラン 1-1 日本|PKで先制されるも武藤弾でドロー。南野がA代表デビューを飾る!
イラン戦を終えて――清武「速攻と遅攻の使い分けをもう少ししっかりとやりたい」
イラン戦を終えて――本田「やろうとしていた形になりかけていた部分はあった」
イラン戦を終えて――武藤「1対1をしっかりと決め切れなかったのは反省すべき点」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ