【セルジオ越後の天国と地獄】「今の代表は退屈」という声は当然だね。 11月に勝っても「虚像JAPAN」にすぎないよ

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2015年10月14日

「縦にポンとボールを入れるサッカー」しか、ハリルは戦い方を知らないのかな。

ハリルは縦にポンとボールを入れる速いサッカーを目指しているけど、イランみたいに対人が強い相手には通用しなかったね。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 
 イラン対日本の結果は1-1の引き分けだったとはいえ、内容的には日本が3、4失点して負けても不思議ではなかったね。日本は課題が多かったし、こういうレベルの高い相手に対する免疫が明らかに足りないよ。ハリルホジッチ体制で初めて対等レベルの相手と対戦したけど、球際、展開力、高さ、セットプレーなど、すべての面で日本は劣っていた。
 
 激しい競り合いが多いなか、前半の宇佐美、香川、柴崎らは、ほとんどなにもできなかった。一生懸命やっているのは分かるけど、彼らは1対1で潰されて大半の時間は消えていた。今まで生ぬるいプレーをしていたのが、図らずも浮き彫りになったんじゃないかな。
 
 吉田のPK献上はいただけないプレーだったけど、あの場面は日本にとって、ある意味“ラッキー”でもあったんだよ。倒して警告が出てもおかしくなかったし、そうなれば吉田は二枚目の警告で退場だからね(32分に1枚目の警告、45+1分にPK献上)。
 
 吉田も退場も覚悟して、ファウル判定後にずっと下を向いていたでしょ。“優しい審判”で助かったね。カードが出ないと分かって、吉田は「やれやれ」という感じだった。もし吉田が退場していたら強化試合の意味がなくなっていたわけで、不用意な対応は糾弾されてしかるべきだよ。
 
 ハリルは縦にポンとボールを入れる速いサッカーを目指しているけど、イランみたいに対人が強い相手にはまったく通用しなかったね。試合の序盤でそれが分かったはずなのに、同じような展開が続いていた。あれだけ機能していないのだから、もう少し戦い方の工夫をしてもいいよね。それとも、別の戦い方を知らないのかな。
【関連記事】
金田喜稔がイラン戦を斬る! 「意図のある攻撃が見られなかったのは非常に残念。『縦パス』を有効活用すべきだ」
【日本 対 イラン】サッカーダイジェスト取材記者の採点&寸評
イラン 1-1 日本|PKで先制されるも武藤弾でドロー。南野がA代表デビューを飾る!
イラン戦を終えて――清武「速攻と遅攻の使い分けをもう少ししっかりとやりたい」
イラン戦を終えて――本田「やろうとしていた形になりかけていた部分はあった」
イラン戦を終えて――武藤「1対1をしっかりと決め切れなかったのは反省すべき点」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ