【ルーツ探訪】佐藤寿人――「回り道」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2015年12月04日

歩んできた道のりは、“回り道”でも遠回りではない。

2003年から在籍した仙台では、2年連続でチーム得点王に。しかし、J1昇格には導けず、後ろ髪を引かれながら広島への移籍を決断した。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

 仙台に行く際、寿人は人生におけるひとつの大きな決断を下している。
 
「高校の頃から付き合っていた彼女が、大阪にもついてきてくれていたんです。それで仙台行きが決まった時、けじめをつけて結婚しようと思ったんです。結婚もしないで、いろいろ連れ回すのもどうかなという想いがあって。

 でも一方で、まだ21歳だったし、プロで結果も残していない状況を考えれば、早いかなという想いもあった。向こうは別にそんなことは気にしていない感じだったから結婚したんですが、自分の中では仙台で結果を残さなければ、本当にやばいなというくらいの気持ちでした」
 
 覚悟を決めて乗り込んだ仙台では当初、第3FWという立場だったものの、試合を重ねるごとに信頼を勝ち取っていき、結果的に30試合すべてに出場。チームトップの9得点をマークするとともに、初めてシーズンを通してフルに戦えたという自信も手にした。
 
 その一方で、チームを降格させてしまったという責任感も背負い込んだ。シーズン終了後、その年J1に昇格した広島からのオファーを受けたが、悩むことなく断った。
 
「降格した責任は、やっぱり選手にあると思うので、それを取り戻すのも選手の仕事。それに仙台が初めてJ1に上がった時に自分が貢献していれば移籍もあったと思うけど、僕は上げた時にはいなかったくせに、落としただけでじゃんと思って。それでは、チームを離れることはできないなと。

 いろんな人に話を聞いても、広島に行ったほうがいいっていう意見のほうが多かった。でも自分のなかでは、仙台をJ1に戻したいという気持ちは変わりませんでした」
 
 そうして翌年も仙台に留まった寿人は、44試合に出場し、20得点とゴールを量産。チームは6位に終わり、再昇格させるという目標は叶わなかったが、寿人の中ではやり遂げたという想いがあった。
 
 05年、1年遅れでの広島入りを決意した寿人は、シーズン序盤こそ苦しんだものの、J2時代に培った得点力を次第に発揮し、終わってみれば日本人トップの18得点をマーク。ベストイレブンを受賞し、ついには日本代表まで登り詰めた。
 
 プロ入り7年目での日本代表入り。その道程はもしかすれば、大きな回り道だったのかもしれない。今の日本代表メンバーを見ても、これだけ移籍を経験し、J2も味わった選手は、C大阪、大分、FC東京、G大阪と渡り歩いた加地亮(現・岡山)くらいだ。
 
 しかし、寿人はここまでの道のりを、決して遠回りだと思っていない。そこで得たかけがえのない経験が成長を促してくれたのだから。
 
「確かに今の代表のメンバーは、王道と言うか、早くからチームの主力として活躍し、ユースや五輪で世界を経験して代表にステップアップした人がほとんど。でも僕の場合は、今のままで良かったかなと。いろんなチームに行って、いろんな経験をしたからこそ、代表に入れたと思うから。
 
 例えば、ずっとジェフにいたら、全然結果を残せなくて、今頃はクビになっていたかもしれない。もちろん今までの決断が正しかったか、間違っていたかは分からない。でも自分が決めたことに対して後悔の気持ちはないです」
 
 回り道を経験したからこそ、今がある。そんな自分を寿人は、誇らしくさえ思っているようだ。一方でその道程は、いまなおゴールに達していないという想いがある。なぜなら寿人の中には、いまだなにも成し得ていないという気持ちがあるからだ。
 
 チームを優勝に導いたこともなければ、得点王を獲ったこともない。日本代表での地位を確立したわけでもない。だから今後もその道を歩み続け、多くの経験を身につけなければいけないと感じている。それでも寿人は無邪気に笑う。
 
「僕は這い上がって行くのが得意ですからね」
 
 小学校の頃、マンションの隙間の小さなスペースでボールを蹴り始めた少年は、今や日本のトップステージで燦然と輝きを放っている。だが、いまだ這い上がることを止めない。果たしてどこまで、その舞台を大きくしていくのだろうか。
 

広島加入1年目の2005年には、18得点をマーク。ベストイレブンに選出された。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

A代表デビューは2006年。ドイツW杯のアジア最終予選に出場したが、本大会のメンバーからは漏れた。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

【関連記事】
【広島】J1最多得点記録への到達は目前! 佐藤寿人が語るストライカーの極意
2年ぶりの王座奪還!【広島スペシャル対談】青山敏弘&森﨑和幸 「”優勝”を伝統にしていきたい」
【ルーツ探訪】テネリフェ移籍が決定した柴崎岳が貫く“ぶれない信念”の原点とは
知られざる岡崎の成長秘話 【ルーツ探訪】岡崎慎司――磨き抜いた“サムライ・スピリット”
【ルーツ探訪】本田圭佑――有言実行の男の原点にある挫折と敗北
【日本代表】ストライカー不遇の法則。佐藤寿人、豊田陽平…それでも代表監督に愛されなかった理由

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ