【J1採点&寸評】G大阪2-3横浜|MOMはさすがのクオリティを見せた10番!新監督の手腕も高評価

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2021年08月07日

横浜――杉本健勇は3点目に繋がるポスト直撃弾

MAN OF THE MATCH
10 マルコス・ジュニオール 6.5(60分OUT)

ボールが入った時のクオリティはさすが。守備でもサボらずに、山本らをケアし、自由にさせず。2点目も冷静にゲットしたが足をつって交代。

FW
7 エウベル 6.5(53分OUT)

レオ・セアラのポストプレーから豪快かつ強烈なシュートで先制点。オフサイドで取り消しになった得点も狙いはよく、終始相手の脅威だった。

9 レオ・セアラ 6(73分OUT)
昌子を背負いながら絶妙のポストプレーで先制点を演出したが、もう少し自身がシュートを打てるような動きを見せたい。

23 仲川輝人 5.5(73分OUT)
動きにはキレがあり、移籍後初先発の柳澤を手こずらせたが、シュートはわずか1本。それでも守備も献身的だった。
 
交代出場
FW
18 水沼宏太 6.5(53分IN)

投入直後はやや試合に入りきれなかったが、見事にチーム3点目をゲット。その後は守備意識も高く、ハードワークした。

MF
14 天野 純 6.5(60分IN)

3点目につながるクロスは見事。アグレッシブなプレスを敢行し、苦しい時間帯に仲間にメッセージ性のあるプレーを見せた。

DF
27 松原 健 6(73分IN)

守備固めで起用されるも、中盤に厚みをもたらす動き。小野に振り切られてシュートを許したのはミスだが、大きなエラーはなし。

MF
6 扇原貴宏 5.5(73分IN)

喜田との役割分担も明確で、試合を落ち着かせる役割だった。左サイドに入った水沼との連係はよかったが、2失点目につながる守備の甘さも。

FW
41 杉本健勇 6(73分IN)

レオ・セアラとは異なる持ち味を披露。前線でタメを作り攻撃を活性化した。CKからポスト直撃弾を放ち、そのこぼれ球が3点目につながる。

監督
ケヴィン・マスカット 6.5

3バックを予想したためやや面食らった序盤だったが、徐々に修正。交代選手が3点目に絡んだのも指揮官の手腕だ。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

構成●サッカーダイジェスト編集部

【動画】得点の奪い合いを制してマスカット新体制初勝利!G大阪×横浜のハイライト!
 
【関連記事】
【セルジオ越後】久保くんの涙に感動とか言ってる場合じゃない! プロにドンマイ、ドンマイなんて必要ないよ
「すげえ…」カナダ女子のロッカールームは「ヤバいね!」。金メダル獲得に喜び爆発!【東京五輪】
まさかの0-3に呆然と立ちすくんだ日本。ただ一人、戦う姿勢を見せた男がいた【東京五輪】
本田圭佑が東京五輪を総括!「選手たちのレベルは上がっている」一方で、課題に挙げたのは「指導者の力量」
【U-24日本 1-3 U-24メキシコ|採点&寸評】悔しい完敗で銅メダルならず。遅れてきた11番に最高評価を!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ