【セルジオ越後】久保くんの涙に感動とか言ってる場合じゃない! プロにドンマイ、ドンマイなんて必要ないよ

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月06日

メキシコ戦はまさに吉田の言葉通り。「完敗」だったよ

試合後の取材対応では悔しさを露わにした久保。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 53年ぶりのメダルの期待が懸かった東京オリンピックだけど、3位決定戦でメキシコに1-3の敗戦。キャプテン吉田の一言がまさに、この試合を言い当てていたよ。

「完敗です」

 さすがオーバーエイジで経験のある選手の言葉だったと思うよ。紛れもない完敗。前半、日本は主導権を握られて2点をリードされた。そのまま前半はこれといった反撃もできず、後半も追撃の1点を奪う前に、セットプレーからしてやられて、相手はもう無理をする必要がなくなった。
 
 日本はそこから三笘や上田を入れて反撃に転じたけど、メキシコはがっちり引いて最後のところを集中して凌いでいた。最終的なスタッツは日本がボール保持率で上回って、シュート数もメキシコ8本に対し、日本19本と大きく上回った。でもそれは結局、守りに入った相手を攻め切れずに終わったということ。枠内シュートはメキシコ4本、日本5本と、シュート本数に比べて差がないところにも、両チームのクオリティの差が表われているよ。

 オーバーエイジに守備的な選手を3人入れたにもかかわらず、セットプレーから3点を奪われた。これはもうチームプランとして、あってはいけないゲーム展開だった。チームの課題は明らかで、トーナメントに入って点を取れなくなっていた。要するに、決勝トーナメントに進んでくるハイレベルな相手に研究されたなかでは、点を取り切るクオリティがなかったということ。

 三笘をもっと早く入れておけば良かったという見方もあるかもしれないが、日本がそれで決定機を作ったのと同じように、メキシコも同じようにいつゴールを奪ってもおかしくない展開だった。リスクを冒せば点を取るチャンスが増えるのと同時に、ピンチも増える。この展開での起用なら、あるいはもっと差をつけられて負ける可能性もあったよ。

 森保監督の采配も試合展開にあまり変化をつけるものじゃなかったけど、結局それだけのメンバーがいなかったんでしょ。コックさんに例えるなら、実は料理をつくるのにあまりいい材料が揃っていなかったということだよ。
 
【関連記事】
【セルジオ越後】最後の最後に吉田を上げるという選択…日本は10年前の岡田ジャパンから同じ問題を引きずっているよ/東京五輪
「メダルを逃がして涙の海が…」メキシコ戦完敗のU-24日本代表に韓国メディアから同情の声「これがサッカーなんだ」【東京五輪】
【釜本邦茂】50年前よりも格段にレベルは向上したけど、試合を決めるのはやっぱり個人の力!三笘をもっと早く見たかったが…
まさかの3失点に絡んだ遠藤航…ベスト4の功労者に最低点をつけなければならない悲しい結末【東京五輪】
金田喜稔がメキシコ戦を斬る!「9年前と同じ結末。監督継続も含め、協会は検証すべきだ」【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月10日号
    1月27日発売
    通算1500号!
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    現陣容の期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ