本田圭佑が東京五輪を総括!「選手たちのレベルは上がっている」一方で、課題に挙げたのは「指導者の力量」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月07日

「客観的にみれば良くも悪くも無かった」

敢えて厳しいことも語った本田。(C)Getty Images

画像を見る

 東京五輪を見届けていた本田圭佑は8月7日、自身がCEOを務める会社などが運営している、音声コンテンツサービス「NowVoice」内で、日本代表の戦いを総括した。

 冒頭で4位に終わった今回の戦いを「客観的にみれば良くも悪くも無かった」とし、「選手たちのレベルは上がっている」と評価。その一方で、実力以上のものを出せず、まだまだ準備できる余地も残していると指摘した。

 メキシコ戦では、グループステージの際にもやられていたセットプレーについて、「とにかくニアを狙ってくる」のは分かっていたはずだが、思い切った対策を打てなかった点を指摘。3失点目のCKの際にも「ファーサイドは捨てていた」とし、ニアに4選手が入り込んでゴールを狙っていた場面を解説し、「日本もあのセットプレーは見習うべき」とした。

 疲労が隠せなかった日本代表の戦いを見て、「まずIOCがおかしい」として中2日で6試合を戦うスケジュールを組んだこと自体が間違っていると厳しく言及。その一方で「結果論にはなりますが」としたうえで、ターンオーバーを積極的に取るべきだったとし、こう語った。

「オーバーエイジは別として、僕も詳しく知っているワケではないですが、先発メンバーとベンチにいた選手たちとはトントンでしょ? 場合によっては組み合わせや対戦相手によって選手を変えていったほうがプラスになることもある」
 
 さらにこの大会を通して日本の一番の課題として挙げたのは指導者の力量だという。

「森保さんが悪かったわけではない」と前置きしつつも、「結果論で語られてしまう世界」として、「指導者が育つ環境がいまの日本にはない」点を持論を交えてこう熱弁した。

「今回一番課題だったのは、ここ一番の勝負強さだと思います。それは戦術でどうにかなる部分も大きい」
「選手のレベルは相対的に上がってきている一方で、監督の差が浮き彫りになった」

 実際に、戦力差はあったはずなのに拮抗した戦いとなった準々決勝のニュージーランド戦でその部分を強く感じたという。

「選択肢や引き出しというのはどう見ても少なかった。短期決戦で集まる時間も少ない代表チームの課題でもある。とはいえ、選ぶメンバーもある程度決めていたでしょうから、オンラインでもある程度マネージメントできると思う。今は戦術の話をしているので、出来ることは多かったはず」
 
【関連記事】
【セルジオ越後】久保くんの涙に感動とか言ってる場合じゃない! プロにドンマイ、ドンマイなんて必要ないよ
【U-24日本 1-3 U-24メキシコ|採点&寸評】悔しい完敗で銅メダルならず。遅れてきた11番に最高評価を!
「金メダリストたち!」カナダ代表MFハイテマ、38歳レジェンドとの“おんぶショット”で歓喜!【東京五輪】
「すげえ…」カナダ女子のロッカールームは「ヤバいね!」。金メダル獲得に喜び爆発!【東京五輪】
「日本を表彰台から叩き落すことで、礼を尽くした」メキシコ・メディアは53年越しの逆襲に歓喜【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ