【J1採点&寸評】FC東京1-2鳥栖|最高級のクロスと衝撃ミドル。MOMはセンセーショナルな活躍を見せたMFで文句なし!!

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2021年04月24日

鳥栖――酒井の先制弾には大きな価値が

樋口(10番)は強烈なミドルでチームの2点目を奪取。その一撃はまさに会心だった。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

FW
8 林 大地 5.5(83分OUT)
立ち上がりからだいぶ走ったものの、効率にチャンスに絡めたかと言えばそうではない。やや無謀なドリブル突破もあり、駆け引きという点でも物足りなさがあった。

15 酒井宣福 6.5(HT OUT)
前半だけで交代したとはいえ、チームに確かな勢いをもたらした先制ゴールには大きな価値がある。勝利の立役者のひとりだ。
 
交代出場
FW
9 山下敬大 5(HT IN)
攻撃も守備も中途半端で、なかなか試合に入れなかった印象。すべて個人の責任ではないだろうが、ピッチで輝けなかったのは事実だ。

MF
7 中野嘉大 5.5(54分IN)
74分にボールロストからカウンターを招いたのは減点対象。小屋松に比べるとミスが多く、躍動感もあまり感じられなかった。

DF
30 田代雅也 -(83分IN)
デリケートな時間帯に守備固め要員としてCBの位置に投入されたが、ゴールを許さず。役割を全うした。

DF
31 大畑歩夢 -(90+3分IN)
小川にあっさりとかわされたのは軽率だった。ただ、出場時間が短く、その1プレーで採点はつけられない。

監督
金 明輝 6
後半の頭から投入した中野と山下があまり躍動できなかった点で采配に疑問符が。とはいえ、田代の投入などでチームを勝利に導いた手腕は見逃せない。

取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
【関連記事】
鳥栖が酒井2戦連発弾&樋口のゴールで2連勝! FC東京は今季初の3連敗に…
【名古屋】なぜ無敗は途切れたのか? 鳥栖に気付かされたリードを奪う大切さと試合運びの重要性
「コイツすげえな」内田篤人が絶賛した日本人選手は?「代えはいない。特長がないと思われがちだけど…」
「やっぱり、いい、アイツは」。内田篤人が今季注目する“若手以外のJリーガー”は?
モンゴル一蹴も目を向けたい“懸念すべき依存”。守備陣で心配なのが…【編集長コラム】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ