【J1採点&寸評】札幌1-3横浜|終盤10分で3発を決める逆転勝利!MOMは相手を揺さぶり続けた助っ人アタッカー

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月17日

横浜――3トップがそれぞれ得点

10 マルコス・ジュニオール 5.5(70分OUT)
相手のタイトかつハードなマークにイライラするような場面も見られた。脅威は与えたが、決定的な仕事はできず。 

FW
MAN OF THE MATCH
7 エウベル 6.5

サイドに張りながら相手守備の隙間を取り、揺さぶり続けた。終盤にはVARでいったんは認められた得点を取り消されるも、直後に難なくゲット。実力の高さを示した。

38 前田大然 6.5
技術的なミスでチャンスの芽を自ら手放した場面もあったが、さすがの走力で終盤にしっかりと逆転弾を叩き込んだ。

45 オナイウ阿道 6.5
相手のマークは厳しかったが、それが緩んできた時間帯でしっかりと逆転の狼煙を上げる同点弾を奪ってみせた。
 
交代出場
MF
14 天野 純 6.5(70分IN)

出足が鈍くなった相手守備の背後を突くプレーでさらなるダメージを与え続けていった。

FW
18 水沼宏太 6.5(70分IN)

相手守備がルーズになったところを見逃さず、しっかりとチャンスメイク。活動量もあり、逆転勝利の立役者となった。

DF
5 ティーラトン ―(81分IN)

モチベーション高くプレーし、勢いづいたチームをさらに加速させた印象。

MF
26 渡辺皓太 (81分IN)

持ち前の運動量で、終盤に逆転を目指すチームにさらなる勢いを生んでいた。

監督
アンジェ・ポステコグルー 6.5

結果論かもしれないが、試合後のコメントを聞く限りではおおよそ狙い通りの勝利。活動量を高めた選手交代はどれも良策で、ベンチ同士の戦いでも力の差を見せた。
   
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
【横浜】札幌戦3-1逆転勝利の要因は?指揮官が評価した「1点入れられた時のリアクション」
「ダイビングヘッド男だな」勝利を呼び込む前田大然の決勝点にファン歓喜!アシスト水沼の喜ぶ姿も必見!
札幌戦はメンバー外の横浜FW仲川輝人が右太腿を負傷。全治まで4週間かかる見込み
「完全に全盛期俊輔」な突破から「ディマリアのような綺麗なパス」。天野純の絶品アシストに反響続々!
東京五輪出場国のポッド分けが男女とも正式決定!日本が“同居”を回避できた国は?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ