【J1採点&寸評】鳥栖0-1G大阪|完封勝利に貢献したCBがMOM。不発の林、山下は及第点に届かず

カテゴリ:Jリーグ

荒木英喜

2021年04月15日

G大阪――宇佐美は貴重なゴールで勝利に導く

MF
8 小野瀬康介 5.5(90+2分OUT)
相手の間でボールを受けて攻撃にアクセントをつけようとした。ただ32分のシュートを決めたかった。

MF
14 福田湧矢 6(75分OUT)
相手の守備ブロックの間を通す見事なパスで宇佐美のゴールをアシスト。勝点3に尽力した。

FW
18 パトリック 6
シュートこそなかったが、ロングボールのターゲットとなりほとんど競り勝った。

FW
39 宇佐美貴史 6.5(75分OUT)
中盤で下がってプレーするシーンが多く、クロスの精度は低かったが、貴重なゴールで勝利に導く。
 
途中出場
MF
34 川﨑修平 5.5(75分IN)
サイドや前線で動き回るが良い形でボールが出てこず、チャンスメイクできず。

MF
10 倉田 秋 5.5(75分IN)
低い位置まで落ちて攻撃のタクトを振ろうとするが、効果的な仕事はなく、守備で貢献した。

FW
20 一美和成 -(90+2分IN)
終了間際に見せたパトリックへのパスは“おしゃれ”だったがシュートにはつながらなかった。

監督
宮本恒靖 6
守備に重きを置いたような布陣で、リーグ戦5試合目にして挙げた今季の初得点をしっかりと初勝利へとつなげた。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
取材・文●荒木英喜
【関連記事】
「俺がやらな、俺がやらな」。待望のガンバ初勝利は、悩み、苦しみ抜いた宇佐美貴史の一発で
宇佐美の一発でG大阪が待望の今季初勝利! 敗れた鳥栖は攻めあぐね終盤の反撃も実らず
「バカうまい笑」「鳥栖のビースト!」五輪世代の2021年ファーストゴールは林大地! 先制弾にファンも大盛り上がり!
なぜ鳥栖は失点しないのか? 守護神・朴一圭が語る堅守の理由
【J1】川崎が5連勝で首位快走! 名古屋は広島に1-0の完封勝ち、G大阪は宇佐美の一発で今季初白星!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022 Jリーグ総決算!
    11月26日発売
    2022 J.LEAGUE
    総集編
    J全58クラブの
    1年間の激闘を収録!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    11月5日発売
    稀代のファンタジスタ
    中村俊輔
    引退特集号
    特大ポスター付き
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 3年ぶりのJ1制覇!!
    11月10日発売
    J1優勝特集
    横浜F・マリノス
    喜田&水沼対談に
    J1 BEST PLAYERSも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月1日発売
    カタールW杯出場組が主役に!
    冬の移籍市場
    徹底リサーチ2023
    恒例卓上カレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.37
    12月6日発売
    冬の決定版!
    高校サッカー
    選手権名鑑
    出場全48校&選手を徹底網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ