なぜ鳥栖は失点しないのか? 守護神・朴一圭が語る堅守の理由

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月15日

「周りの選手が自分のミスをカバーしてくれた」

開幕から4戦連続無失点の鳥栖。清水戦のクリーンシートも「みんながハードワークした結果」とGK朴は言う。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ4節]清水0-0鳥栖/3月14日/IAIスタジアム日本平

 開幕4連勝をかけて臨んだ敵地での清水エスパルス戦で、サガン鳥栖は押し込む時間帯は多かったが、最後までゴールを奪えなかった。スコアは0-0。今季初めての引き分けで連勝はストップしたが、3勝1分の無敗でACL圏内の3位にいる。

 特筆すべきは、4試合を戦っていまだにひとつの失点もないことだ。湘南との開幕戦は1-0、2節・浦和戦は2-0、3節・仙台戦は5-0、そして清水とのスコアレスドロー。強固な守備が現在の好調を支えているひとつの要因と言ってもいいだろう。

 4試合連続クリーンシート達成。清水戦でも好セーブを見せた守護神の朴一圭は、試合後の会見で堅守の理由について次のように語る。

「うちはやっぱり、ボールをみんなで大切につなぐだけでなく、前線からハードワークするところが持ち味、チームスタイルなんですけど、今日、90分間通して、みんながハードワークした結果、無失点という形で追われたと思う」

 自らのファインセーブについては、「あれは自分のキックミスから始まってCKになってしまったところ」と言う。おそらくは51分のシーンのことだろう。パックパスを受けた朴が足もとでコントロールして、前に蹴り出したボールは相手にそのまま渡ってしまう。そこから自陣ゴール前まで攻め込まれるが、最後はエドゥアルドの身体を張ったブロックでCKに逃れる。

 このCKから清水のカルリーニョス・ジュニオが放った強烈なボレーを、朴が素早い反応でストップ。「周りの選手が自分のミスをカバーしてくれて、CKにしてくれて。たまたま自分のところにこぼれてきたボールをセーブしただけなので」と謙遜する朴は、こう続ける。
「チームみんなで守った、無失点だと思います」

 無失点記録はどこまで伸びるか。全員がハードワークし、一体感のある鳥栖の堅守から目が離せない。

構成●サッカーダイジェストweb編集部

【J1第4節PHOTO】清水0-0鳥栖|ドロー決着も、鳥栖が開幕から4試合連続無失点!清水は鳥栖の牙城を崩せず…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ