宇佐美の一発でG大阪が待望の今季初勝利! 敗れた鳥栖は攻めあぐね終盤の反撃も実らず

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月14日

福田のサイドチェンジから宇佐美が技ありショット

チームに今季初得点をもたらした宇佐美。コースを突いた見事なシュートでゴールネットを揺らした。塚本凜平(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグは4月14日、前倒しで第18節の2試合、第19節の2試合の計4試合を各地で開催。駅前不動産スタジアムで行なわれたサガン鳥栖とガンバ大阪の一戦は、1-0でG大阪が勝利した。

 堅守を誇る鳥栖に対し、ここまで4試合を戦って“無得点”で“未勝利”G大阪が挑む。互いに球際で激しく戦い、スピーディな攻防を展開。相手ゴール前での際どいシーンもいくつか見られたが、決め手を欠いてゴールは生まれず。前半は0-0のスコアレスで折り返す。

 迎えた後半、立ち上がりにペースを掴んだのは鳥栖。シンプルかつ素早いアタックを見せ、ボールを失えば即座に攻守を切り替え、奪いにかかる。G大阪はなかなか攻撃の糸口を見つけられない。

 58分には鳥栖の林大地が良い形で抜け出して、エリア内から右足を思い切り振り抜く。だが、これは枠を捉え切れなかった。

 依然として鳥栖が有利に試合を進める一方で、G大阪も粘り強いディフェンスでゴールを許さない。両チームとも集中力の高いプレーでやり合う。

 63分にはG大阪の福田湧矢がCKのこぼれ球を拾って強烈なミドルを放ったが、ゴールネットを揺らすには至らず。さらに66分には宇佐美貴史が中央からこじ開けようとしたが、シュートは相手にブロックされる。
 
 守勢に回る時間の長かったG大阪だが、徐々に盛り返していくと、68分、ついに均衡を破る。福田からのサイドチェンジを絶妙トラップで収めた宇佐美がコースを突いた見事なシュートを突き刺す。G大阪が5試合目にして、待望の今季初ゴールを奪った。

 その後は鳥栖の反撃をシャットアウト。宇佐美が挙げた1点を守り抜いたG大阪が今季初白星を掴んだ。

 次節の第10節は、18日に鳥栖はアウェーで名古屋グランパスと、G大阪はホームで清水エスパルスと対戦する。

構成●サッカーダイジェストweb編集部

【PHOTO】試合を彩るサガン鳥栖のガールズユニット「サガンティーナ」を特集!
【関連記事】
プロ内定者から選手権のヒーロー、J指揮官が惚れ込んだ逸材まで…2021年大学サッカー注目選手15選
「印象に残ったのは11番」「オルンガから日本について聞いている」神戸の新助っ人アユブ・マシカが初取材で語ったことは
「中国のマナー違反が炸裂した」韓国メディア、女子代表の五輪予選敗退に敵国を糾弾!「観客はコロナ対策なし、選手は時間稼ぎ…」
【J1採点&寸評】鳥栖3-0横浜FC|試合を決めた2発の鳥栖FWがMOM。新体制初陣を飾れなかった横浜FCの採点は…
【J1採点&寸評】柏1-0G大阪|決勝弾の大谷は「7」、敗者にも「6.5」がひとり。MOMは…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月5日発売
    2021-2022シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    ビッグクラブ選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ