「俺がやらな、俺がやらな」。待望のガンバ初勝利は、悩み、苦しみ抜いた宇佐美貴史の一発で

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月14日

「今日ひとつ、少しだけ報われたと思います」

鮮やかな一撃でチームに今季初勝利をもたらした宇佐美。トラップからシュートの一連の動きはしなやかで正確だった。写真:塚本凜平(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 敵地でのサガン鳥栖戦を迎える前のガンバ大阪の戦績は、4試合を消化して2分2敗、0得点・2失点。“未勝利”で“無得点”と難しい状況にあった。

 それでも鳥栖戦は、リーグのスタンディングでは上位に位置する難敵を相手に1-0の完封勝利。勝点3をもたらしたのは宇佐美貴史の見事なフィニッシュだった。

 68分、左サイドの福田湧矢からミドルパスが届く。これを完璧なトラップで収めると、コースを突いた正確な一撃を逆サイドのネットに突き刺す。シュート技術に優れる宇佐美らしい鮮やかなゴールだった。

 殊勲のエースは自身のゴールシーンをこう振り返る。

「湧矢の練習とか試合でのプレーを見て、抜き切らずにクロスを上げるっていう予感はあった。あの瞬間は湧矢がそれをチョイスしてくれるように、しっかり選択肢になれるポジションに入っていくことを心掛けました。低くて止めやすいボールをくれたので、振り切るだけでした。湧矢に感謝したいです」

 喉から手が出るほど欲しかったゴールだ。

「俺がやらな、俺がやらな、と。それで頭がいっぱいになるぐらい、他のことも考えられないぐらい、そればっかり考えていました。そういうなかでも、誰か一発、決めてくれという想いはありました。それが自分であれば一番、幸せなこと。自分が決めないとっていうのと、誰でもいいから一発決めてくれっていう」
 
 宮本恒靖監督は宇佐美について「まだまだ本調子ではないと思っています。もっと相手にとって危険なプレー、味方を鼓舞するようなプレーを期待しています」と話したうえで、「彼が取ると、チームに勢いが出る。シンプルに良かったと思います」と評した。

 待望の今季初勝利は、自身のゴールで手繰り寄せる。「今日ひとつ、少しだけ報われたと思います」。この1点で、チームも、宇佐美も乗っていけるか。

構成●サッカーダイジェストweb編集部

【J1第8節PHOTO】G大阪 0-0 福岡|堅守・福岡の牙城を崩せなかったG大阪。3戦ノーゴールと攻撃陣の沈黙が続く
 
【関連記事】
宇佐美の一発でG大阪が待望の今季初勝利! 敗れた鳥栖は攻めあぐね終盤の反撃も実らず
元G大阪のカ・シュウゼン監督も男泣き!中国女子代表、韓国との激闘を制して五輪出場決定に母国メディア歓喜!「奈落の底から東京へ」
「ゴールの匂いがぷんぷんしてた」エース宇佐美貴史、スタメン落ちで見えた“立ち位置”と“チームの進化”
C・ロナウドにユニ交換を拒否されたドイツ代表DF、同僚からまさかのサプライズに大爆笑!
「我々はコロナを抑え込んだのだ」韓国側の“マナー違反”の指摘に中国メディアが怒りの反論!「そっちのコーチもマスクを外していた」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよJ開幕目前!
    2月9日発売
    2023シーズン
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想や見所など総点検!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ