【J1】川崎が5連勝で首位快走! 名古屋は広島に1-0の完封勝ち、G大阪は宇佐美の一発で今季初白星!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月14日

徳島は終了間際のオウンゴール誘発で今季4勝目

1ゴール・1アシストの遠野(19番)の活躍もあり、川崎が福岡に3発快勝で5連勝を飾った。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 J1リーグは4月14日、ACLの延期に伴い18節と19節の4試合を前倒しで開催。川崎が5連勝を飾り、首位を快走している。

 ホームにアビスパ福岡を迎えた川崎フロンターレは、19分に右CKから、相手のクリアボールを拾った遠野大弥が右足を振り抜き先制点を奪う。前半終了間際には直接FKをエミル・サロモンソンに決められ追いつかれるも、55分に知念慶、終了間際の90+5分には山根視来がダメ押しのゴールを挙げ、3-1で5連勝目を飾った。

 2位の名古屋グランパスはホームにサンフレッチェ広島を迎え、1-0の完封勝利。中盤で素早くボールを奪い、攻撃に転じる名古屋は、22分に左CKから頭で合わせた丸山祐市の今季初ゴールで先制。その後は相手に危険なシーンを作られたが、粘り強くリードを守り切り、1-0で無敗を10試合に伸ばした。広島は今季初の連敗を喫している。

 サガン鳥栖対ガンバ大阪の一戦は、鳥栖がサイドへの展開を上手く使って押し込み主導権を握るも、なかなか1点が遠い時間が続いた。そんななか先制したのはG大阪。68分に宇佐美貴史がグラウンダーのシュートを突き刺し、チームの今季初ゴールを挙げる。終盤にかけても相手の反撃を受けたG大阪だったが、最後まで虎の子の1点を守り抜き、1-0で今季初白星を収めた。

 アウェーでセレッソ大阪と対戦した徳島ヴォルティスは、15分に宮代大聖の見事な反転シュートで先制。その後も多彩な攻撃で猛攻を仕掛けるも追加点が奪えず、逆に相手にロングスローからゴールを許し、振り出しに戻される。それでも終了間際の90分、岸本武流の右サイドからのクロスが相手DFのオウンゴールを誘い、勝ち越しに成功。2-1で今季4勝目を挙げた。
 
 4月14日開催、J1リーグ4試合の試合結果は以下の通り。

・18節
C大阪 1-2 徳島
鳥栖 0-1 G大阪

・19節
川崎 3-1 福岡
名古屋 1-0 広島

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

J1リーグ 最新順位表
【関連記事】
【J1】日程・結果
まさに鉄壁!名古屋、今季5度目ウノゼロ勝利でJ1記録の連続無失点試合を9に更新! DF丸山の決勝弾で広島撃破
「欧州よりもはるかに…」浦和のロドリゲス監督がスペイン紙に語った“日本人選手の魅力”とは?「Jリーグは面白い」
プロ内定者から選手権のヒーロー、J指揮官が惚れ込んだ逸材まで…2021年大学サッカー注目選手15選
「印象に残ったのは11番」「オルンガから日本について聞いている」神戸の新助っ人アユブ・マシカが初取材で語ったことは

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月5日発売
    2021-2022シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    ビッグクラブ選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ