• トップ
  • ニュース一覧
  • 【J1採点&寸評】川崎 2-0 徳島|ヒーローはレアンドロ・ダミアン。2ゴール以上に評価すべきは…

【J1採点&寸評】川崎 2-0 徳島|ヒーローはレアンドロ・ダミアン。2ゴール以上に評価すべきは…

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2021年03月11日

徳島――攻撃陣は沈黙

岩尾らを中心にボールをつなぎ果敢に戦った徳島だが……。ゴールを奪うことはできなかった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

FW
33 藤原志龍 5.571OUT
積極的に仕掛け、時には中にポジションを取ってボールを受けた。果敢な姿勢は良いアクセントになっていたが……。

10 渡井理己 5.5
守備時は相手のCBをケアしながら、アンカーのJ・シミッチにもプレス。ただ攻撃面では思ったようには輝けず。

19 垣田裕暉 5.564OUT
前半に吹ヶのクロスに飛び込むもあと一歩が届かず。FWとしてもう少し強引にでもゴールへ迫りたかった。


 
交代出場
FW
9 河田篤秀 5.564IN
前線のカンフル剤として投入される。ポストプレーで身体は張った。ただし、シュート0本は寂しい。

MF
34 川上エドオジョン智慧 5.5 (71IN
大きな声を出してパスを要求し、仕掛ける意識は高く感じさせた。もっともそれが好機につながったかといえば、難しい部分もあった。

DF
4 ジエゴ 5.571IN
前への推進力を活かそうとしたが、高い位置に上がれたのは数度。空中戦の強さは見せた。

DF
22 藤田征也 ―(83IN
残り10分少々でピッチへ。右サイドからチャンスを作りたかったが奏功せず。FKも不発だった。

MF
7 小西雄大 ―(83IN
持ち味を発揮するには時間が足りず。守備に追われる展開が長かった。

ヘッドコーチ
甲本偉嗣 5.5
試合後に語ったように、上手く試合に入ることができずに、川崎の攻撃を受けてしまった。臆せずにボールをつなぐ意識や、前への仕掛けはポジティブな印象だけに、精度を上げられるかが今後の鍵か。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
 
 
【関連記事】
レアンドロ・ダミアンが貫録の2ゴール!!川崎が徳島を下して公式戦5連勝
【J1】川崎が4連勝で首位堅持。名古屋、鳥栖が開幕3連勝で追走。カズが54歳12日でJ1最年長出場記録更新|第3節
「獲物に群がるピラニアみたい」「悪夢やん」王者川崎が仙台戦で見せた“恐怖の鬼プレス動画”に反響!
昇格組の徳島、ホーム開幕戦は神戸相手に1-1ドロー。エース垣田が先制弾も、菊池が執念の同点弾
指揮官不在の徳島、7年ぶりのJ1は敵地でドロー発進。岸本武流のJ1初得点で先制も大分と痛み分け

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ