指揮官不在の徳島、7年ぶりのJ1は敵地でドロー発進。岸本武流のJ1初得点で先制も大分と痛み分け

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年02月27日

岩尾憲のスルーパスからチーム初得点

徳島の岸本が先制ゴールを挙げた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグは2月27日、開幕節の8試合を開催。昭和電工ドーム大分では、大分トリニータ対徳島ヴォルティスの一戦が行なわれた。

 7シーズンぶりのJ1の舞台に返り咲いた徳島は今季就任したダニエル・ポヤトス監督がコロナ禍の影響でいまだ日本に入国できず、代わって甲本コーチが指揮を執った。敵地へ乗り込んでの今季初戦となった徳島だが、立ち上がりからボールを支配し、大分を押し込んだ。左サイドの藤原志龍、最前線の垣田裕暉にボールを集め、鋭い仕掛けからゴールを脅かす。

 そして37分には、チームの精神的支柱であるボランチの岩尾憲からのスルーパスに反応した岸本武流が左足でゴールネットを揺らす。徳島が先制に成功する。その後も藤原や宮代大聖の果敢な突破などでいい流れを作り出し、そのまま前半を終えた。
 

 迎えた後半は大分が反撃。前線からのプレスで徳島の守備に混乱を生じさせると、59分には町田也真人のシュートのこぼれ球に反応した渡邉新太が左足で押し込み同点に追いつく。

 試合はその後、ともにチャンスを生かせず、1-1のドローで終了。7シーズンぶりのJ1に挑んだ徳島が、敵地で勝点1をもぎ取り今シーズンの戦いをスタートさせている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
【徳島ヴォルティスの開幕戦・予想布陣】激戦区ボランチで開幕先発を掴むのは?CBに推したいのは…
【J1戦力分析|徳島ヴォルティス編】新監督いまだ来日できず…不安が募るも戦力的なマイナスなく“貯蓄”は好材料
【大分トリニータの開幕戦・予想布陣】最大の焦点は“最終ラインの人選”と“戦術浸透度”。新加入ストライカーにも注目
【J1戦力分析|大分トリニータ編】長沢、下田、坂――新戦力の“早期フィット”がチーム浮沈の鍵。主力の流出は想定内か…

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 完全保存版!
    5月25日発売
    祝! 浦和3度目V!
    日本クラブの
    ACL挑戦記
    アジアでの現在地を探る
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト いよいよ市場オープンへ!
    6月1日発売
    2023 SUMMER TRANSFER
    夏の移籍
    「完全ガイド」
    決戦目前! CL決勝展望も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ