• トップ
  • ニュース一覧
  • 昇格組の徳島、ホーム開幕戦は神戸相手に1-1ドロー。エース垣田が先制弾も、菊池が執念の同点弾

昇格組の徳島、ホーム開幕戦は神戸相手に1-1ドロー。エース垣田が先制弾も、菊池が執念の同点弾

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月06日

神戸はシュートが再三クロスバーを直撃

エースの垣田がホーム開幕戦で先制点をゲット。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグは3月6日、各地で2節の8試合を開催。鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムでは、徳島ヴォルティス対ヴィッセル神戸の一戦が行なわれ、1-1の引き分けに終わった。

 昇格組の徳島は、これが今季のホーム開幕戦。序盤のせめぎ合いを凌ぎ、徐々にペースを握ると、神戸を押し込みゴールに迫る。前線の宮代大聖、垣田裕暉が積極的に仕掛け、神戸ゴールを脅かす。

 しかし神戸も26分に早くも田中順也に代えてドウグラスを投入すると、反撃に打って出る。31分には古橋亨梧が左足で放ったシュートはクロスバーを直撃。さらに後半に入り、61分にも郷家友太が放ったヘディングシュートがクロスバーを叩いた。

 だが神戸に傾いた流れを引き戻したのはエースの一発だった。75分、宮代がドリブルで持ち込み自らシュートを放つと、そのこぼれ球に反応した垣田が右足でねじ込みネットを揺らす。徳島がついに均衡を破った。

 先制した徳島は82分にも藤田譲瑠チマが決定的なシュートを放つも、惜しくも枠を捉えきれない。すると87分、神戸はCKから菊池流帆がこぼれ球を泥臭く滑り込みながら押し込み、同点に追いつく。雄叫びを上げて歓喜した菊池の執念のゴールで土壇場で試合を振り出しに戻した。

 試合はこのまま1-1で終了。徳島は惜しくもホーム開幕戦での今季初白星を逃し、2戦連続のドローとなった。一方の神戸は1勝1分けで勝点を4に伸ばしている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
【徳島ヴォルティスの最新陣容】人材の流出は防げている。さらなる新戦力の交渉は――。
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
川崎、前半だけで4得点のゴールラッシュ! 遠野大弥のJ1初ゴールなどで仙台を圧倒
大久保嘉人が止まらない! FC東京戦で3試合連発となる今季4点目をゲット!
名古屋が急遽中止となったガンバ戦の貴重な舞台裏動画を公開! なでしこ岩渕も絶賛「めちゃめちゃいい動画」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ