レアンドロ・ダミアンが貫録の2ゴール!!川崎が徳島を下して公式戦5連勝

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2021年03月10日

L・ダミアンは相手の隙を見逃さず

2ゴールを決めたL・ダミアン(9番)。チームを勝利に導いた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1第3節]川崎2-0徳島/3月10日/等々力

 3月10日、川崎と徳島の第3節が等々力陸上競技場で行なわれた。

 富士ゼロックス・スーパーカップを含めれば、シーズン開幕から4連勝と絶好調の王者・川崎は、メンバーを入れ替えた前節の仙台戦からスタメンを以前の形に戻した。システムは4-3-3で、GKチョン・ソンリョン、最終ラインは右から山根、ジェジエウ、谷口、旗手、中盤はアンカーにJ・シミッチ、インサイドハーフに田中、脇坂、3トップは右から家長、L・ダミアン、三笘の並びとなった。

 一方、リーグ戦は開幕から2試合連続でドローの徳島は4-2-3-1。GKは上福元、4バックは右から岸本、鈴木大、安部、吹ヶ、2ボランチは岩尾、藤田譲、2列目は右から浜下、渡井、藤原、CFには垣田が入った。

 川崎は好調ぶりを示すように序盤から試合をコントロール。12分には早くも先制点を奪う。左サイドのゴールライン近くまでL・ダミアンが相手DFにプレスをかけると、そのクリアを拾った三笘がすかさずL・ダミアンへスルーパス。相手DFが後方に残っていたことでオフサイドにならなかったL・ダミアンがコントロールショットで見事にネットを揺らした。

 その後、徳島も臆さずにパスをつないで攻撃を試みる。37分には左サイドで藤原のスルーパスに左SB吹ヶが反応してクロス。しかし、中で待つ垣田には一歩届かなかった。

 すると42分には川崎が追加点。徳島のCB安部、ボランチの藤田譲とのパス交換をL・ダミアンがカットし、即座にシュート。頼れるストライカーが2点目を決めた。
 
 後半、最初にチャンスを掴んだのは川崎。左サイドで脇坂が抜け出してクロスをあげると、田中が頭で合わすも、わずかにゴール右に外れる。

 一方、徳島も反撃に出るが、なかなか決定機を作り出せない。

 試合はこのまま2-0で終了。川崎はリーグ戦で開幕から4連勝、富士ゼロックス・スーパーカップを含めれば公式戦5連勝と絶好のスタートを切った。

 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
【関連記事】
「獲物に群がるピラニアみたい」「悪夢やん」王者川崎が仙台戦で見せた“恐怖の鬼プレス動画”に反響!
トップ3は川崎×C大阪が独占。大久保の3戦連発弾は何位? Jリーグが「週間ベストゴールTop10」を発表
衝撃のクオリティ! 川崎の全3得点に絡んだ家長昭博がマークした“驚愕のスタッツ”とは?「完璧、唯一の選手」
昇格組の徳島、ホーム開幕戦は神戸相手に1-1ドロー。エース垣田が先制弾も、菊池が執念の同点弾
【ルヴァン杯】昨季王者のFC東京が徳島を撃破。守備陣で光ったのは…

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ