• トップ
  • ニュース一覧
  • 【J1採点&寸評】川崎 2-0 徳島|ヒーローはレアンドロ・ダミアン。2ゴール以上に評価すべきは…

【J1採点&寸評】川崎 2-0 徳島|ヒーローはレアンドロ・ダミアン。2ゴール以上に評価すべきは…

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2021年03月11日

川崎――L・ダミアンが勝利の立役者に

2ゴールの活躍を見せたL・ダミアン。献身的な守備も光った。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

MF
8 脇坂泰斗 6.564OUT
真骨頂の“出して受けて”をこの日も繰り返し、狭いエリアでは足技を見せて打開。あとは決め切る力を養いたい。
 
FW
41 家長昭博 6(80OUT
ゴールにつながるプレーはなくとも、毎度のことながらチームに落ち着きをもたらした。後半に抜け出して決めた得点はオフサイドで幻に。
 
18 三笘 薫 6(80OUT
素早いパスでL・ダミアンの先制点をアシスト。技術の高さを随所で示したが、通常に比べれば仕掛ける回数は少なかったか。
 
9 レアンドロ・ダミアン 7.564OUT
前線からのチェイシングで相手のミスを誘発し見事な2得点!! 高い決定力は言わずもがなで、より高く評価されるべきはその献身性だろう。前からのプレス役としても機能し、早くもゴール量産体制へ。好調なチームを牽引している。
 
交代出場
MF
3 塚川孝輝 6(64IN
守備面ではフィジカルの強さを活かして相手を牽制し、攻撃面ではシンプルにパスをつないだ。まだまだプレー精度は上がりそうだ。
 
MF
22 橘田健人 6(64IN
球離れが良く、冷静なプレーぶりも光る。能力が高いことは十分に証明しているだけに、そろそろ結果が欲しいか。
 
FW
11 小林 悠 6(64IN
田中のFKからヘッドを放つも枠に飛ばせず。身体のキレは良さそうだが、2戦連続弾とはならなかった。それでも前線からの守備で貢献した。
 
MF
16 長谷川竜也 ―(80IN
左サイドで相手を抜きにかかり、チャンスを覗った。クイックネスの高さを示した。
 
FW
19 遠野大弥 ―(80IN
フリーランを繰り返して、味方のためにスペースをあけた。ただその分、自身はなかなかボールを持てず。試合後には車屋とともにピッチでスプリントのメニューをこなした。
 
監督
鬼木 達 6.5
メンバーを入れ替えた仙台戦での快勝からスタメンを変更するかと思われたが、従来のメンバーをピッチへ。それでもプレスの強度は緩めず、前半で2点のリードに成功。後半は相手を上手くいなしがら勝利を掴んだ。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
【関連記事】
レアンドロ・ダミアンが貫録の2ゴール!!川崎が徳島を下して公式戦5連勝
【J1】川崎が4連勝で首位堅持。名古屋、鳥栖が開幕3連勝で追走。カズが54歳12日でJ1最年長出場記録更新|第3節
「獲物に群がるピラニアみたい」「悪夢やん」王者川崎が仙台戦で見せた“恐怖の鬼プレス動画”に反響!
昇格組の徳島、ホーム開幕戦は神戸相手に1-1ドロー。エース垣田が先制弾も、菊池が執念の同点弾
指揮官不在の徳島、7年ぶりのJ1は敵地でドロー発進。岸本武流のJ1初得点で先制も大分と痛み分け

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ