【J1採点&寸評】FC東京2-3神戸|特大の歓喜を呼び込んだ郷家がMOM。山口のゲームメイクも光った

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2021年03月11日

神戸――郷家は終盤の85分に決勝弾

2トップの一角を担ったドウグラス(左)は2得点。ここぞという場面で決定力を見せつけた。写真:塚本凜平(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

FW
MAN OF THE MATCH
7 郷家友太 7
FW、中盤と複数のポジションをこなしたうえで、終盤の85分に特大の歓喜を呼び込む決勝弾。試合を通しての精力的な動きを評して、この試合のMOMに。最初の2得点に間接的に絡んだことももちろん見逃せない。

49 ドウグラス 7(88分OUT)
チャンスを逃さず、卓越したフィニッシュワークで2ゴール。ここぞという場面できっちりと仕留めるあたりは、さすがのひと言だ。
 
交代出場
MF
37 増山朝陽 5.5(66分 IN)
ドリブルやパスで仕掛ける積極性は見えた。あとは精度を高めてチャンスに繋げられれば。状況判断も磨きたい。

MF
22 佐々木大樹 -(82分IN)
83分にパスを足もとに収めると、上手く反転してシュート。85分には左サイドからのクロスで決勝点のきっかけを作るなどポジティブなプレーが光った。

MF
14 安井拓也 -(88分IN)
デリケートな時間帯に投入されながらも浮足立つことなく試合に入った。出場時間は短かったので、次節以降の活躍に期待したい。

監督
三浦淳寛 6
2-0から2点を返されたのは反省材料だろう。後半のゲームプランに課題を残したものの、アウェーで勝利に導いた手腕は評価に値。


取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

【J1第3節PHOTO】FC東京2-3神戸|郷家の勝ち越しゴールで神戸無敗をキープ!!後半猛反撃のFC東京、一時2点差追いつくも今季初黒星
【関連記事】
神戸がエキサイティングな点の取り合いを制す。FC東京は今季初黒星
【J1】川崎が4連勝で首位堅持。名古屋、鳥栖が開幕3連勝で追走。カズが54歳12日でJ1最年長出場記録更新|第3節
「少しでも成長した姿を見せたかった」清武弘嗣が恩返しの決勝弾! ロティーナ前監督への熱い想いを吐露
「やっぱり、いい、アイツは」。内田篤人が今季注目する“若手以外のJリーガー”は?
「あれ? 大丈夫?」。優勝候補らしからぬパフォーマンス。今のFC東京で圧倒的に不足しているのは…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ