【J1採点&寸評】FC東京2-3神戸|特大の歓喜を呼び込んだ郷家がMOM。山口のゲームメイクも光った

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2021年03月11日

FC東京──D・オリヴェイラは試合の流れを変える働き

永井は今季初ゴール。こぼれ球への反応は素晴らしかった。写真:塚本凜平(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

FW
15 アダイウトン 6.5
74分に絶妙な縦パスでD・オリヴェイラの得点をアシストし、その3分後には角度の狭いところからのシュートで永井の同点弾のきっかけに。ゴールへと向かう姿勢は敵の脅威になっていたはずだ。

20 レアンドロ 5(71分OUT)
アダイウトンとのワンツーなど狭い局面で上手さは見せた。しかし推進力あるドリブルは影を潜め、ほとんど良いところがなかった。

27 田川亨介 5.5(55分OUT)
前半から積極的にシュートを狙うも肝心の精度を欠き……。C大阪戦に続くゴールを奪えないまま、無念の途中交代を余儀なくされた。
 
交代出場
FW
9 ディエゴ・オリヴェイラ 6.5(55分IN)
投入直後に右サイドからチャンスを作りかけると、74分にはカウンターからGKとの1対1を制す。78分の決定機こそ逃したが、試合の流れを変えた点で高評価だ。

MF
7 三田啓貴 6(55分IN)
精力的に動き回り、セットプレーでは良いボールをゴール前に蹴り込んだ。次節以降、先発出場させても面白いのでは?

FW
11 永井謙佑 6.5(71分IN)
アダイウトンのシュートがGKに弾かれたボールを冷静に叩き込んだ同点ゴールが最大のハイライト。途中出場で結果を残した。

DF
22 中村拓海 5.5(71分IN)
攻撃意識は高かったものの、なかなか前線に良いボールを供給できなかった。失点時の守備面での軽さも少し目に付いた。

監督
長谷川健太 5.5
途中から投入したD・オリヴェイラと永井がゴールを決めた点で采配は当たった。しかし、試合に敗れ、森重のアンカー起用が当たらなかったという印象もあり、採点は少し低めに。

取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

【J1第3節PHOTO】FC東京2-3神戸|郷家の勝ち越しゴールで神戸無敗をキープ!!後半猛反撃のFC東京、一時2点差追いつくも今季初黒星
【関連記事】
神戸がエキサイティングな点の取り合いを制す。FC東京は今季初黒星
【J1】川崎が4連勝で首位堅持。名古屋、鳥栖が開幕3連勝で追走。カズが54歳12日でJ1最年長出場記録更新|第3節
「少しでも成長した姿を見せたかった」清武弘嗣が恩返しの決勝弾! ロティーナ前監督への熱い想いを吐露
「やっぱり、いい、アイツは」。内田篤人が今季注目する“若手以外のJリーガー”は?
「あれ? 大丈夫?」。優勝候補らしからぬパフォーマンス。今のFC東京で圧倒的に不足しているのは…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月11日号
    10月28日発売
    市場を賑わすのは誰だ!?
    2022 J移籍
    注目候補「30人」
    憲剛×風間対談もお届け
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ