「少しでも成長した姿を見せたかった」清武弘嗣が恩返しの決勝弾! ロティーナ前監督への熱い想いを吐露

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月10日

終盤84分に決勝ゴール。3試合ぶりの勝利に大きく貢献

今季初ゴールが決勝弾となった清武。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 桜軍団のキャプテンが大仕事をやってのけた!

 J1リーグは3月10日、各地で3節の9試合を開催。ヤンマースタジアム長居では、セレッソ大阪対清水エスパルスの一戦が行なわれ、C大阪が2-1で勝利を収めた。

 ロティーナ前監督をホームに迎えた一戦は、序盤に先制を許す苦しい展開。22分に西尾隆矢のプロ初ゴールで同点としたものの、後半も立ち上がりは押し込まれるなど一進一退の状況が続いた。そんななか、1-1で迎えた終盤の84分に清武弘嗣が魅せる。

 右サイドから坂元達裕がファーサイドへクロスを供給すると、10番を背負うキャプテンが身体を倒しながら右足でボレーシュートを放つ。これが日本代表GK権田修一が守るゴールに突き刺さり、C大阪が逆転に成功。ホームチームが逆転勝ちで3試合ぶりの白星を挙げた。

 試合後の取材に応じた清武は、「タツがよく見てくれたので、僕は当てるだけだった」とゴールシーンを振り返ると、恩師との対決となった試合には次のように熱い想いも語った。
「去年まで指揮していただいた監督との試合だったので、特別な試合でした。少しでも成長した姿を見せたかった」

 一方、クルピ新体制となって、より攻撃的なスタイルへ舵を切った今季のチームに対しては「より前に前にボールを付けられるようになったし、(昨季より)もっと攻撃的にいっている、成長しているチームだと思う」と手応えを得ているようだ。

 ただし、3試合ぶりの白星にも浮かれる様子はない。「一歩ずつ、少しずつ積み重ねるしかないし、チャレンジの気持ちを持って頑張りたい」と次節以降への意気込みを語った。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
【J1採点&寸評】C大阪2-1清水|開幕4戦連発はならずも… 大久保嘉人の調子はどうだった?
【J1】川崎が4連勝で首位堅持。名古屋、鳥栖が開幕3連勝で追走。カズが54歳12日でJ1最年長出場記録更新|第3節
レアンドロ・ダミアンが貫録の2ゴール!!川崎が徳島を下して公式戦5連勝
【鹿島】「パスをもらう前に目が合って…」殊勲の荒木遼太郎が自らの2ゴールを振り返る
鳥栖が大量5点を奪い、開幕3連勝‼ 仙台はチャンスを作るも…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ