【安永聡太郎】歴史的圧勝劇はなぜ起こったか?「ペップの遺産」を進化させたバイエルンと、食いつぶしたバルサの明暗

カテゴリ:連載・コラム

木之下潤

2020年08月19日

バイエルンは現代サッカーのお手本のようなチーム

バルサを粉砕したバイエルン。「現代サッカーのお手本のようなチーム」と安永氏は評した。(C) Getty Images

画像を見る

 1点目はオウンゴールだったけど、このゴールまでの流れのように「メッシが絡まなくても、いかにチャンスを作れるか」がバルサの目指す方向性だ。

 だけど、バイエルンの守備組織は同サイズで全体が動くように機能する。ラインのアップダウンも、左右のスライドも全体で行われるから、中央にクロスを放り込まれても枚数が十分に足りている。

 選手の質が違うから一概に比べられないけど、クロスに対してチームがどうとらえているかも2列目の選手の対応を見たら一目瞭然で差がある。ブスケッツとデヨングのダブルボランチと、チアゴとゴレツカのダブルボランチはタイプが違うから比較できないけど、自分たちのストロングをどう最大限に発揮するか。

 バイエルンは誰かに頼るのではなく、戦略・戦術の中で全員が輝く集合体をものの見事に表現した。

 守備のところもしっかり中央を締める。中央でスピードに乗られたワンツーを仕掛けられたら一発で崩されるし、なかなか止めにくい。だったら、外を使わせてクロスで対応することがバイエルンは決まっていた。しかも、どのラインまで戻るかがバイエルンは明確だった。2ライン目が最終ライン前まで戻っていた。その決まりを遂行するドイツ王者らしい生真面目さも併せ持っていた。

 約束事の徹底がなされている。

 メッシを経由しないと機能しないバルサとは大違いだよね。メッシが約束事だもん。ニャブリとペリシッチのスピードを生かす、デイビスの才能を生かすための周囲のローテーションの整理はバイエルンのほうが戦術的に一枚も二枚も上手だった。

アラバ、ボアテング、チアゴの作り出し
→前線のローテーション
→幅の活用

 まるでサッカーの教科書のよう。本当に学ぶべきことが多い。当然、身体能力という視点を加えるとできるできないが発生するんだけど、「原理原則」「狙いを持った戦術的プレー」という観点では、多くのクラブが模写できるチームだ。

 正直、ペリシッチもニャブリも純粋なウイングとして定義できるのかはわからない。だけど、バルサがそこに据えたのはセルジ・ロベルトとビダルだった。ビダルの外はジョルディ・アルバ、セルジ・ロベルトの外はセメドが後ろから出てくるから彼らは内側でいい。でも、チームとして機能性、そして再現性を高めるためには配置と組み合わせは非常に大事になる。

 絶対にウイングを置かないといけないわけではないんだけど、たとえばメッシに時間を作るためにどのバランスで人を配置すればいいかでいうと、バイエルンのミュラーの位置にメッシが入っていてもサッカーとしては十分に機能する。

 これはこれでおもしろいと思う。

 今のバイエルンのまま、メッシを入れてみる。サイドにペリシッチとニャブリがいて、中央にレバンドフスキがいて、と想像するだけで僕はワクワクする。別にミュラーを否定しているわけではないよ。

 今のバイエルンをバルサのベースとしてそのまま移植しても機能するくらいすごい。それくらいバイエルンから学ぶことがある。ミュラーは守備もめちゃくちゃ走るんだけど、たとえばメッシが入って相手のピヴォさえ見てもらえたら守備も機能するよ。

 そんな想像をしたときに「メッシだったらどんな世界を魅せてくれるんだろう」と思ったから、僕的には「今シーズンのバイエルンは現代サッカーのお手本のようなチームだな」と感じたというのが、この試合の総評だ。

 戦術的にバルサ視点で解説すると問題点が多すぎて何に手をつけていいのかはお手上げでした。だから、この試合はバイエルン視点で解説してみた。バルサについては来シーズンすべての面で注目だし、大きな変化を期待している。


分析●安永聡太郎
取材・文●木之下潤
※取材は試合直後の8月15日に行なっています。

【分析者プロフィール】
安永聡太郎(やすながそうたろう)
1976年生まれ。山口県出身。清水商業高校(現静岡市立清水桜が丘高校)で全国高校サッカー選手権大会など6度の日本一を経験し、FIFAワールドユース(現U-20W杯)にも出場。高校卒業後、横浜マリノス(現横浜F・マリノス)に加入し、1年目から主力として活躍して優勝に貢献。スペインのレリダ、清水エスパルス、横浜F・マリノス、スペインのラシン・デ・フェロール、横浜F・マリノス、柏レイソルでプレーする。2016年シーズン途中からJ3のSC相模原の監督に就任。現在はサッカー解説者として様々なメディアで活躍中。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ