【J1採点&寸評】C大阪1-2浦和|MOMは逆転への勢いをつけたエース! 古巣相手に決勝弾を放った杉本は…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月17日

浦和――交代策がズバリ的中! 山中、マルティノスの投入が転機に

山中のFKから興梠が頭で合わせて同点弾。これを機に浦和が勢いづいた。写真:川本学

画像を見る

MF
7 長澤和輝 5.5(54分OUT)
疲労が原因なのか、プレスが弱まったと指揮官に判断され54分に途中交代を命じられた。
 
10 柏木陽介 5.5(76分OUT)
攻撃の起点になることはあったが、逆に守備面で裏のスペースを使われることが多かった
 
FW
14 杉本健勇 6
PKのキッカーを志願し古巣相手に逆転ゴール。リーグ戦では2試合ぶりとなる先発起用に応えた。
 
30 興梠慎三 6.5
劣勢の中、巧みなヘディングで決めた同点ゴールはさすが。チームに勢いをもたらし、逆転勝利の立役者に。
 
交代出場
MF
29 柴戸 海 6(54分IN)
長澤と代わってピッチに入り、アンカーの位置に。ソウザに対して積極的にプレスを掛けた。
 
DF
6 山中亮輔 6.5(76分IN)
ピッチに入った直後、ファーストプレーとなるFKを興梠の頭に合わせて同点弾をアシスト。
 
MF
11 マルティノス 6.5(76分IN)
流れの中からの攻撃が停滞していた局面で、持ち味の高速ドリブルによりPKを獲得。
 
監督
オズワルド・オリヴェイラ 7
連戦の影響からかチームとして動きに乏しかったなかで、交代策が見事にはまり逆転勝利を手繰り寄せた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ