【札幌】鹿島戦は悔しい無得点も……鈴木武蔵が久々の代表でのプレーに意気込み

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2019年03月17日

「できることを思う存分やって、自信を持ってプレーしたい」

鹿島戦は悔しい結果に終わったが、気持ちを切り替えて、日本代表の3月シリーズに挑む。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1第4節]札幌1-3鹿島/3月17日/札幌ド
 
 悔しい結果に終わった。日本代表の3月シリーズで自身初のA代表選出。今季から札幌でプレーするFW鈴木武蔵には、大きな注目と期待が集まるなかで迎えたホームでの鹿島戦で、鈴木武蔵は無得点に終わり、チームも1-3と敗れた。
 
「失点した後に、自分たちが少し、慌てている部分があって。鹿島の引いたブロックをなかなか崩せずに、相手のカウンターが鋭いということもあって、鹿島の強い部分が出た試合だった」
 
 0-3で迎えた終盤には、セットプレーからアンデルソン・ロペスが1点を返す。福森晃斗からのボールをヘッドで合わせ、A・ロペスのゴールをお膳立てしたのは鈴木だった。だが、自身はゴールを決められなかった。
 
 試合を通じて、思うような形でパスを受けられなかった。「我慢する時間帯が長かった」と振り返りつつ、「そのなかでもっと、慌てずにできれば良かった」と反省の弁。
 
 チームとしても個人としても結果を出して、代表に合流したかっただろうが、それでも鈴木は前を向き、気持ちを切り替えて、久々の“日の丸”でのプレーにモチベーションを高めているようだ。
 
「オリンピック(リオ五輪)が終わって、初めて代表のユニホームを着られる機会なので。試合に出たら、自分のできることを思う存分やって、自信を持ってプレーしたい」
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】北海道コンサドーレ札幌を彩る美女チアリーダー『コンサドールズ』!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ