試合後は感極まり涙も!? 杉本健勇、古巣C大阪相手に決めた決勝PK弾の舞台裏を明かす!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月17日

「今回はPKがあったら蹴っていいよと言われていた」

古巣のC大阪相手に移籍後初ゴールとなるPKを決めた杉本。決勝点となるゴールとなった。写真:川本 学

画像を見る

 今季浦和に完全移籍したストライカーが古巣相手に移籍後初ゴールを決めた。

 J1リーグ4節のセレッソ大阪対浦和レッズは、1対1で迎えた82分、浦和がマルティノスのドリブルでの仕掛けでPKを獲得。これを蹴るのは昨季までC大阪に在籍した杉本健勇。試合後に「いつも(興梠)慎三くんが蹴っているんですけど、今回は『PKがあったら、お前が蹴って良い』と言われていた」と明かした杉本が、落ち着いてゴール左に蹴り込んだ。

 結局、杉本の移籍後初ゴールとなるPK弾が決勝点となり、浦和が逆転勝利を飾り、リーグ戦2連勝とした。

 試合後に、中継を配信したダ・ゾーンのフラッシュインタビューに現われた杉本は、少し目を潤ませたような表情で、インタビュアーからの質問にも昂る気持ちを抑えながら返答。試合を振り返って、「不思議な気持ちでしたし、ずっとここで戦ってきたので。勝てたのでホッとしている」と語った。

 また、PKのシーンに関しては「(GKのキム)ジンヒョンとはいつもPKの練習をしていたので、少し緊張したが、思い切り蹴ることができたので良かった」と振り返った。

 ただ、チームはリーグ2連勝を飾ったものの、背番号14はこの日、必ずしも90分を通じて攻撃を活性化する働きを見せたとは言い難い。杉本は「もっと自分のプレーを出して、チームの勝利に貢献したい」と今後への決意も語っていた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月14・28日合併号
    4月23日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人が選ぶ
    Jリーグ歴代
    ベストイレブン
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ