【鳥栖】クエンカが備える3つのスピリット。初ゴールで勢いが加速するか?

カテゴリ:Jリーグ

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2019年03月17日

「自分が試合に出れば必ずゴールを取ると思っていました」

新加入のクエンカが磐田戦で決勝ゴールを決めた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ4節]鳥栖 1-0 磐田/3月17日/駅スタ
 
 魅力溢れるプレーにスタジアムがドッと沸いた。
 
 ホームに磐田を迎えた一戦、鳥栖はスコアレスで迎えた81分にイサック・クエンカを投入。“元バルサ”の新戦力は、後半アディショナルタイムに魅せた。巧みなタッチと美しいルーレットで相手をかわし、ヒールパスで原川力にボールを預けると、そのままゴール前に走り込む。ドンピシャのタイミングでクロスに合わせ、正確なヘッドで決勝弾を決めたのだ。
 
 もちろん、開幕3連敗からの試合で、勝利を手繰り寄せる一発にサポーターが歓喜したのもある。だが、ファーストタッチからフィニッシュまで、クエンカの一連のプレーにスタジアムは大いに沸き上がった。そして、そんなゴール裏のサポーターのもとへ背番号7も駆け寄った。
 
 クエンカは「(ゴールは)嬉しすぎて何も考えられなかったです。ただただ喜ぶために(サポーターのもとへ)走っていって、その喜びをサポーターと共有したかったんです。スタッフやチームメートも(自分のもとへ)来てくれたので嬉しかったです」と笑顔で話す。
 
 また、クエンカは本拠地デビューとなった磐田戦で、来日初ゴールを決められる自信があったと明かした。
 
「自分が試合に出れば必ずゴールを取ると思っていました。退場者(62分/高橋祐治)が出る前からそれは思っていて、実際に退場者が出てシチュエーションが変わりましたけど、それでも自分は変わらずにゴールを決めることができました」
 
 強気なスタンスもさることながら、ポジティブ思考も素晴らしい。
 
「(チームは)どんどん良くなっていくと思いますよ。ルイス・カレーラス監督が来た初日よりも間違いなく今の方が良くなっていて、もちろん直近の2試合の結果(ルヴァン杯でも柏に勝利して公式戦2連勝)だけではなくて、内容も見てもらえれば間違いなく良くなっていると思います。今はチームがこの結果に自信を持てていて、そのなかで内容も伴い、どんどん良くなっていくだけだと思います」
 
 強気な姿勢とプラス思考は開幕3連敗で躓いたチームにとって大事な心構えだろう。クエンカはそのメンタルの持ち主であり、しっかりと結果も伴わせている頼れる存在だ。そして、巧みなタッチとルーレットについては「いつもカッコいいドリブルをやるようにしています」と遊び心を大事にしているようで、そのプレーはカレーラス監督が志向するパスサッカーのなかで貴重な攻撃のアクセントになっていた。
 
 強気・プラス思考・遊び心という3つのスピリットを持つクエンカは、今後のさらなる活躍に期待ができるだろう。この新助っ人を旗手として、鳥栖の勢いはここから増していきそうだ。
 
取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)

 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ