【J1採点&寸評】柏4-2G大阪|ガンバの10連勝を阻止したレイソル快勝の立役者は?

カテゴリ:Jリーグ

鈴木潤

2018年12月02日

G大阪――中盤で後手に回る展開。ミスや軽い守備対応から失点も

MF
15  今野泰幸 5.5
中盤の底でボールを触り、何度も起点を作っていたが柏の切り替えの早さに苦戦。63分には遠藤へのパスミスを中山に狙われ、それが4失点目のクリスティアーノのロングシュートへつながってしまう。
 
50  小野瀬康介 5.5
倉田のフィード受け、アデミウソンの得点に絡んだのは好プレーだったが、3失点目を献上した中山への守備は軽かった。
 
FW
9 アデミウソン 6
降りてボール回しにも加わり、ドリブルで切れ込んでチャンスを創出した。敗れはしたが、1得点・1アシストと気を吐く。
 
39  渡邉千真 5.5(77分OUT)
運動量多く前線で動くも柏のコンパクトな守備によって供給路を断たれ、鈴木の背後を取った同点弾以外は見せ場を作れなかった。
 
交代出場
25  藤本淳吾 6(65分IN)
途中出場で中盤右に入り、終盤はチームのパス回しを活性化させた。87分のクロスは申し分ない精度で、得点になってもおかしくなかった。
 
FW
38  中村敬斗 5.5(65分IN)
87分の藤本のクロスに対し、ゴール前に入るタイミングは申し分なかったが、小池のタイトな守備によってヘディングを合わせきれず。
 
FW
19  一美和成 -(77分IN)
ゾーンの間で受けてパスの出し入れを行い、終盤のリズムアップに貢献。アディショナルタイムにはゴール前でチャンスが訪れたが、柏の粘り強い守備に阻まれる。
 
監督
宮本恒靖 5.5
ゲームプラン、交代策を含めて決して悪い采配ではなかったが、気迫溢れる柏の粘り強さ、切り替えの早さを上回る一手には欠けた。

取材・文●鈴木 潤(フリージャーナリスト)

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
【関連記事】
【柏】どうすれば降格を回避できたのか?キャプテン大谷秀和の言葉から探る
争奪戦が必至! ガンバ快進撃の立役者、ファン・ウィジョは「移籍」してしまうのか
柏が超絶ゴラッソなどで4発快勝も、試合後の社長挨拶では大ブーイングの嵐が…
ガンバ大阪、驚愕の9連勝。指揮官、宮本恒靖が明かす「快進撃の舞台裏」
「六反は?」の声も上がったDAZN週間ベスト5ゴール。最高評価はレイソル中山の超絶ミドル!!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ