「六反は?」の声も上がったDAZN週間ベスト5ゴール。最高評価はレイソル中山の超絶ミドル!!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年11月27日

豪快弾で勝利を手繰り寄せるもチームは…

C大阪戦で鮮やかなミドルシュートを決めた中山。しかしチームは降格の憂き目を見ることに…。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 11月26日、J1リーグ33節のDAZN週間ベスト5ゴールが発表され、柏レイソルの中山雄太のミドルシュートが1位に選出された。

 残留のためにはC大阪戦で勝利が必須の柏は53分、敵陣中央でパスを受けた中山が左足を一閃。約25mの強烈なミドルシュートを突き刺し、柏に先制点をもたらした。このゴールを皮切りに、柏は3点を挙げてC大阪戦に3-0で勝利。しかし、残留争いのライバルたちが揃って勝利を挙げたため、柏は9年ぶりのJ2降格が決まってしまった。

 その他、ランクインしたのは、イニエスタの絶妙なスルーパスから左足でネットを揺らした藤田直之のゴールが2位に選出され、ACL出場権獲得を目指す4位・札幌の三好の狙い澄ましたファインショットが3位。4位には多摩川クラシコでの知念慶の先制ミドル、5位は鳥栖に逆転勝利をもたらすフェルナンド・トーレスの今季3得点目が選ばれた。
 
 一方、DAZN公式ツイッターの返信欄には、「六反は?」「六反のゴールはないのか…」などと、清水対神戸で生まれたGK六反勇治のヘディングシュートを推す声もあった。J1では96年以来となるGK弾だっただけに、そのインパクトの大きさが窺える反応が見られている。

 J1リーグは12月1日に最終節を迎えるが、今季のラストを飾るに相応しいファインゴールが見たいものだ。
【関連記事】
「素晴らしい点取り屋というのは大事な試合で結果を出す」ドログバが値千金弾を決めたF・トーレスを絶賛!
ショックで早々に帰る子供も… Jリーグ史上稀に見るあまりに不思議で残念な一戦の顛末
イニエスタの超絶アシストも霞むドロー劇。AT14分のGK弾に乱闘騒ぎ… 清水vs.神戸は後味悪い3-3
平成最後の“多摩川クラシコ”は知念、長谷川のゴールで川崎に軍配! FC東京はACL出場が消滅
【J1採点&寸評】磐田0-2札幌|冴え渡ったミシャ采配!期待に応えた三好も高く評価。磐田は山田が奮闘するも…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    12月15日発売
    2018年シーズンを総括!
    Jリーグ総集編
    全57クラブの激闘収録
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月16日発売
    鹿島アントラーズ
    悲願のACL制覇
    「20冠達成記念号」
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月27日号
    12月13日発売
    2018年 Jリーグ総決算
    BEST PLAYER &
    全1354選手の年間査定
    海外組カレンダー付き!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月6日発売
    取材記者が注目17人を斬る!
    2019年移籍マーケットの
    メインキャスト身辺調査
    豪華壁掛けカレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.26
    12月5日発売
    冬の決定版!
    2018選手権名鑑
    男子48代表・1440選手を紹介
    女子も32代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24