【J1採点&寸評】柏4-2G大阪|ガンバの10連勝を阻止したレイソル快勝の立役者は?

カテゴリ:Jリーグ

鈴木潤

2018年12月02日

柏――降格決定のなか、勝利へのモチベーションを植え付けた指揮官

MF
10  江坂 任 6.5
左のキックフェイントで藤春を剥がし、右足クロスで鈴木の先制点をお膳立て。2点目も得点につながるスルーパスを大谷に通した。
 
FW
9 クリスティアーノ 6
63分のロングシュートは圧巻だったが、その他の場面ではミスも多く、そのチャンスをモノにしていればもっと楽な試合展開にできた可能性はある。
 
18  瀬川祐輔 6.5
45分の勝ち越し弾は大きな一撃。さらに3点目につながるセットプレーを生んだシュート、クリスティアーノのロングシュートにつながった自陣での守備など、様々な局面において存在感が際立っていた。
 
交代出場
MF
17  手塚康平 6(69分IN)
守備に追われる時間帯での投入だったため、展開力を生かしてもう少しゲームをコントロールできればよかった。
 
FW
11  山崎亮平 6(74分IN)
得意のドリブルでの見せ場はほとんどなかったが、途中出場の利を活かしてプレスバックなど守備面で貢献。
 
FW
19  中川寛斗 -(88分IN)
短い出場時間の中で、G大阪のパスの出どころを抑えるために前線から積極的なチェイシングを見せた。
 
監督
岩瀬 健 6.5
残留という目標がなくなった中でも、チームに“勝つ”というモチベーションを植え付けた。また、入念なG大阪対策も奏功し、ほぼ狙いどおりの試合展開で快勝を収めた。
 
【関連記事】
【柏】どうすれば降格を回避できたのか?キャプテン大谷秀和の言葉から探る
争奪戦が必至! ガンバ快進撃の立役者、ファン・ウィジョは「移籍」してしまうのか
柏が超絶ゴラッソなどで4発快勝も、試合後の社長挨拶では大ブーイングの嵐が…
ガンバ大阪、驚愕の9連勝。指揮官、宮本恒靖が明かす「快進撃の舞台裏」
「六反は?」の声も上がったDAZN週間ベスト5ゴール。最高評価はレイソル中山の超絶ミドル!!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ