• トップ
  • ニュース一覧
  • 【J1採点&寸評】横浜1-2神戸|神戸が鮮やかに逆転! 途中出場のFWの一振りで勝負を決める!

【J1採点&寸評】横浜1-2神戸|神戸が鮮やかに逆転! 途中出場のFWの一振りで勝負を決める!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2018年04月15日

神戸――途中出場のFW渡邉が殊勲の働きを見せる。

後半途中出場した渡邉(19番)の右足シュートが決勝点に。神戸が鮮やかに逆転勝利を飾った。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

38 佐々木大樹 6
攻撃の局面でインパクトを欠いたが、ミスなくプレー。DFを背にしても力強くボールをキープするなど、決して悪い出来ではなかった。
 
FW
20 増山朝陽 4.5(HT OUT)
前線で効果的にパスを呼びこめず、自慢のドリブル突破を披露するシーンは限られた。前半のみで交代を告げられる。
 
33 大槻周平 6.5
敵の背後を突いてパスを呼び込む動きは地味ながら効いていた。抜け目なく、相手の隙を狙い続けて2アシストを記録した働きぶりは評価に値する。
 
21 田中順也 5(60分 OUT)
ボールを受けた後のプレーにバリエーションがなく、敵に脅威を与え切れず……。単独で打開するばかりではなく、味方との連係で崩すプレーがもう少しあっても良かった。
交代出場
MF
14 藤田直之 6.5(HT IN)
縦パスを通して攻撃に流れを呼び込んだ働きは◎。攻撃だけでなく、しっかりと守備にも奮闘していた。
 
MF
35 安井拓也 6(HT IN)
セカンドボールにいち早く反応してボールを回収するなど、機転の利いた働きが光る。インターセプトから縦にボールを持ち運ぶプレーも悪くなかった。
 
MAN OF THE MATCH
FW
19 渡邉千真 7(60分 IN)
力強いキープ力を発揮して流れを呼び込む。79分には殊勲の決勝ゴールをマークと、古巣相手の勝点3獲得に大きく貢献した。
  
監督
吉田孝行 6.5
後半に投じた交代カードが見事に奏功。攻撃に良い流れを作り、逆転勝利へと持ち込んだ采配は見事だった。
 
  
取材・文:橋本 啓(サッカーダイジェスト編集部)
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
【関連記事】
神戸が渡邉千真の決勝弾で逆転勝ち! 横浜は降格圏の16位に後退
“横浜デビュー”のカメルーン代表MFブマル、Jの印象に淡々と「どこの世界のサッカーも同じ」
【独占激白|前編】ポドルスキが語る日本サッカー「環境が整っているわりには国民から…」
【独占激白|後編】ポドルスキが語る日本サッカー「“ただそれがあるだけ”では意味がない」
Jリーガーの「好きな女性タレント」ランキング2018年版! 石原さとみや新垣結衣を抑えて1位に輝いたのは?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ