【ユベントス 2-2 バイエルン|採点&寸評】流れが一変してドロー決着。マンジュキッチのフィジカルが“違い”になる一方、抜擢起用のキンミッヒは若さを露呈

カテゴリ:ワールド

遠藤孝輔

2016年02月24日

ミュラーは決定機のミスをゴールで帳消しに。

ミュラー(左)の走行距離11.92kmは両チーム最多。持ち前のフリーランはこの日も健在だった。(C)Getty Images

画像を見る

MF
6 チアゴ・アルカンタラ 5.5
パス成功率は92パーセントを記録。ボールロストも少なかった。もっとも、敵の守備網を切り裂くスルーパスや得意のフェイントもなく……。
 
10 アリエン・ロッベン 6
十八番のカットインからの左足シュートで二つ目のアウェーゴールをもたらした。ただ、エブラのマークに苦しめられたのも事実。
 
11 ドグラス・コスタ 5
対峙したリヒトシュタイナーに加え、クアドラードの守備対応にも苦戦し、持ち前のドリブル突破が影を潜めた。不完全燃焼の一戦。
 
23 アルトゥーロ・ビダル 6
フォアリベロ的な役割を担い、攻守に渡って奮闘した。繋ぎのミスは1、2回程度で、与えられたタスクを忠実に遂行した印象だ。
 
25トーマス・ミュラー 6
決定的なチャンスをフイにした13分の“ツケ”は、43分の先制ゴールで帳消しに。献身的なフリーランで追加点にも間接的に絡む。
 
FW
9 ロベルト・レバンドフスキ  5.5
ボールの収め所としてまずまずの存在感を示すも、ヘディングがGKの正面に飛ぶなどツキもなく、肝心のゴールを奪えなかった。
 
交代出場
5 メディ・ベナティア ―(74分IN)
ミスを犯したわけではないが、出場直後にチームが同点に追いつかれる。CKに合わせたヘディングはゴールマウスの上に外れた。
 
7 フランク・リベリ ―(84分IN)
わずかな出場時間ながら、終盤は左SBでプレーしていたアラバとの好連携やドリブルを駆使し、三度に渡り左サイドを切り裂く。
 
文:遠藤孝輔
 
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ