【ユベントス 2-2 バイエルン|採点&寸評】流れが一変してドロー決着。マンジュキッチのフィジカルが“違い”になる一方、抜擢起用のキンミッヒは若さを露呈

カテゴリ:ワールド

遠藤孝輔

2016年02月24日

マンジュキッチはフィジカルインテンシティーを存分に発揮。

軋轢があったペップとの対戦にいつも以上に燃えたのか、マンジュキッチ(右)は怪我明け直後とは思えないインテンシティーを発揮した。(C)Getty Images

画像を見る

MF
6 サミ・ケディラ 5(69分OUT)
怪我から戦列復帰したばかりで、コンディション不良が明らか。本来のクオリティーを考えれば、質量ともに物足りなかった。
 
8 クラウディオ・マルキジオ 6(46分OUT)
前半はチーム最高の距離を走破するなど奮闘するも、筋肉系のトラブルでハーフタイムにエルナネスと交代した。
 
10 ポール・ポグバ  7
フィジカル、テクニック、アイデアを駆使し、数少ない攻撃機会をチャンスに繋げた。41分には単独突破で好機演出も。チーム最多の11.02kmを走るなど、量も十二分だった。
 
16 ファン・ギジェルモ・クアドラード 6
ベルナトとの主導権争いはほぼ互角。右サイドにタメと幅を作る最低限の仕事はこなした。
ただ、ほぼフリーで打った67分のシュートは、世界最強のノイアーを破るにはコースがやや甘かった。
 
FW
★MAN OF THE MATCH
17 マリオ・マンジュキッチ 7
キンミッヒのトラップミスをラストパスに繋げて1点目をアシストすれば、ポストプレーで2点目の起点に。球際の強さを活かした単独突破も見せるなど、持ち前のフィジカルインテンシティーを存分に発揮した。
 
21 パウロ・ディバラ 6.5(75分OUT)
前半はボールが足に付かず、見せ場はクロスの1回のみだったが、ファーストチャンスだった63分にCL初ゴールを記録。才能の片鱗を見せた。
 
交代出場
11 エルナネス  6(46分IN)
マルキージオの怪我で急遽出場。守備ブロックの一員としてしっかり機能し、ビルドアップも安定していた。
 
27 ステーファノ・ストゥラーロ 7(69分IN)
投入から7分後、ここぞのチャンスでゴール前に飛び出して倒れ込みながら同点弾をゲット。大仕事をやってのけた。
 
9 アルバロ・モラタ 6.5(75分IN)
投入直後にストゥラーロの同点弾をヘディングでアシスト。その後もキープから好機を作るなど、敵の脅威となった。
 
文:白鳥大知(サッカーダイジェストWEB)
 
※MAN OF THE MATCH=この試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ