【ユベントス 2-2 バイエルン|採点&寸評】流れが一変してドロー決着。マンジュキッチのフィジカルが“違い”になる一方、抜擢起用のキンミッヒは若さを露呈

カテゴリ:ワールド

遠藤孝輔

2016年02月24日

バルザーリにしては珍しいミスでミュラーに先制点を奪われる。

ユベントス対バイエルン戦の結果&フォーメーション。

画像を見る

完全に守備専業だったエブラ(左)は、対面したロッベン(右)に何とか食らいついた。(C)Getty Images

画像を見る

【ユベントス|チーム&監督 採点&寸評】
チーム 6.5
2失点するまでは大敗すらありえる完全なる劣勢。それでもディバラの1点目をきっかけに流れを変え、何とか同点までもっていった。ホームでの2失点は小さくない痛手だが、セカンドレグに向けて望みを繋いだ。
 
監督 マッシミリアーノ・アッレグリ 6.5
故障欠場したキエッリーニに加えて、怪我でマルキージオをハーフタイム、コンディションが万全ではないケディラを後半半ばに失う向かい風。それでも何とかバランスを保ち続け、途中投入したストゥラーロとモラタで同点弾を奪うなど采配も当たった。
 
【ユベントス|選手採点・寸評】
GK
1 ジャンルイジ・ブッフォン 6
2失点はいずれもGKにはほぼノーチャンス。止めるべきシュートはしっかりキャッチとパンチングで対応した。
 
DF
15 アンドレア・バルザーリ 5.5
クロスをミュラーの目の前にクリアしてしまい失点に繋がったシーンは、安定性が売りのCBにしては珍しいミス。ロッベンの十八番の形を止められなかった2失点目は、まさに「分かっていても止められない」類。情状酌量の余地はある。
 
19 レオナルド・ボヌッチ 6
前半だけでゴールエリア内のクリアが2回。レバンドフスキのみならず次々と危険なスペースに飛び込んでくるバイエルン攻撃陣に、何とか集中力を保って対応し続けた。
 
26 シュテファン・リヒトシュタイナー 6
対面したD・コスタは、やや寄せが甘かった1失点目のクロス以外はほとんど封じた。持ち前の攻撃参加はほとんどなかったが、展開を考えれば致し方ない部分もあった。
 
33 パトリス・エヴラ 5.5
ロッベンには何とか食い下がったとはいえ、バルザーリとの連携がイマイチでミュラーに自由を許した。攻撃面の貢献はほぼ皆無。
 
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ