【J1採点&寸評】鳥栖3-3C大阪|ノーガードの激しい打ち合いはドロー決着。MOMは1G2Aの坂元

カテゴリ:Jリーグ

荒木英喜

2021年07月25日

C大阪――中2日のゲームで疲れもあったか…

【警告】鳥栖=飯野(51分) C大阪=松田陸(64分)、松田力(90+5分)
【退場】鳥栖=なし C大阪=なし
【MAN OF THE MATCH】坂元達裕(C大阪)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
C大阪 5.5
中2日の試合のためかゲームの入りが重く、前半だけで3失点。結果的にドローに持ち込むも、前節からの課題は残したまま。

【C大阪|採点・寸評】
GK
21 キム・ジンヒョン 5
失点に関しては相手を褒めるべき。鳥栖のプレスに苦戦し、キックの精度が低く、攻撃の起点になれなかった。

DF
2 松田 陸 5.5
中2日でのアウェーゲームを感じさせず、上下動を繰り返した。しかし、守備ではまらない場面もあった。

6 チアゴ 5.5(82分OUT)
仙頭のシュートをブロックし、酒井と迫力ある空中戦を繰り広げ、果敢に攻撃参加する場面も。しかし、3失点は悔しい。

14 丸橋祐介 5(80分OUT)
持ち前の攻撃的なプレーをほとんど発揮できず、飯野や樋口の対応に苦慮する時間が長かった。

33 西尾隆矢 5
後半は集中力を保って守り、引き分けに持ち込んだ。ただ受け身のプレーが多く、早い時間にビハインドを負ってしまった。
 
MF
4 原川 力 5.5
古巣相手に後手を踏む。得意のFKはクロスバーを叩いたが、彼の良さはしっかりと見せた。

10 清武弘嗣 5.5(85分OUT)
後半開始早々のシュートがチームに勇気を与えた。効果的な試合運びで引き分けに持ち込んだ。ただ、前半のプレーはいまいちだった。

25 奥埜博亮 5.5
原川と上下を入れ替わりながら攻守をつなぐ役目を果たしていたが、最初は守備に手こずった。
 
【関連記事】
【メキシコ戦のスタメン予想】難敵相手に重要な大一番。初戦から2箇所を変更か
「信じがたい光景だ!」ウッドの握手を拒否した“韓国10番”の非礼に英紙も驚愕!「コケにされたわけだ」【東京五輪】
韓国代表FWソン・フンミンは、なぜ誰からも愛されるのか? 米メディアが4つの理由を分析
「大観衆を失った日本は野心を失ったかのよう」開催国撃破で英紙が痛烈皮肉。「ファンがいなかったことが唯一の救い」
「これが安心安全にプレーできる環境か」吉田麻也は海外記者からの問いに何と答えた?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ