【メキシコ戦のスタメン予想】難敵相手に重要な大一番。初戦から2箇所を変更か

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月25日

南ア戦を欠場した冨安の状態は?

メキシコ戦のスタメン予想。フランスに大勝した強敵に挑む。

画像を見る

 南アフリカとの初戦を1-0で制したU-24日本代表は7月25日、埼玉スタジアム2002で難敵メキシコと対戦する。

 2012年のロンドン五輪を制した北中米の雄は、第1節で強豪フランスを4-1で撃破。チームの完成度は高く、南アフリカ戦に続いて厳しい戦いを強いられるだろう。

 その重要な大一番で、森保一監督はどんなスタメンをチョイスするのか。

 GKは初戦と同様に谷晃生と予測。細かい部分で判断ミスはあったとはいえ、完封した守護神を変える理由はない。

 最終ラインは、オーバーエイジの右SB酒井宏樹、CB吉田麻也は継続。問題は、左足首を痛めて南ア戦を欠場した冨安健洋に状態だ。冒頭15分だけ公開された前日練習には参加していたが、無理はさせないとみる。代役として上々のプレーを披露した板倉滉が再びCBのスターターに名を連ねそうだ。

 左SBは、第1戦に途中出場した旗手怜央の可能性もあるが、再び中山雄太を起用すると予想。メキシコの右ウイングに入る10番のディエゴ・ライネスがフランス戦で鋭い突破を見せており、ここは守備力に長けた中山でしっかり抑え込みところだ。
 
 ダブルボランチは引き続き遠藤航と田中碧が担うだろう。オーバーエイジのルイス・ロモを中心とした相手の中盤も相当激しいため、ミドルゾーンでの攻防戦は注目のポイントだ。

 2列目は、右サイドの堂安律とトップ下の久保はやはり外せないだろう。初戦はやや精彩を欠いた堂安の奮起が期待される。南ア戦では三好康児が務めた左サイドは、もともと相馬勇紀、三笘薫の3人で回していく想定のポジション。三笘のコンディションもようやく上がってきたが、相馬の可能性のほうが高いか。

 CFは、初戦で先発に抜擢された林大地の出来は悪くなかったが、前線からの守備を含めて消耗が激しかった。前田大然か上田綺世に入れ替えるという見立てだが、ややスピードに難があるメキシコのCB陣がより嫌がりそうな快足FW前田で勝負を挑むか。南アフリカ戦は出番のなかっただけにモチベーションも高いだろう。

 フランスに大勝したメキシコの実力を考えると、勝点1でも悪くはない。森保監督のマネジメントも問われる試合となりそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【五輪代表PHOTO】至宝の左足が炸裂!白星発進に大きく貢献した久保建英を特集!
【関連記事】
「信じがたい光景だ!」ウッドの握手を拒否した“韓国10番”の非礼に英紙も驚愕!「コケにされたわけだ」【東京五輪】
「失望したよ」ウッドの握手を拒否した“韓国10番”にレジェンドOBも苦言! 国内には擁護の声も【東京五輪】
なぜ冨安はベンチを外れたのか? 森保監督が試合後に明かす「いつまでに戻るとか、お話できる状態にない」
納得の交代カードから一転、皮肉にも久保建英の先制弾で浮かび上がった「あべこべ感」。采配の遅さには疑問符が付く!
「笑顔で断ればよかった…」ウッドの握手を拒否した“韓国10番”が緊急釈明!「負けて落胆していた」【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ