「これが安心安全にプレーできる環境か」吉田麻也は海外記者からの問いに何と答えた?

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月21日

「南アフリカの選手と濃厚接触するかもしれない」

公式会見で、海外記者からの質問に答えた吉田。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 南アフリカとの東京オリンピック初戦を2日後に控えた7月20日、U-24日本代表のキャプテン吉田麻也が森保一監督とともに公式会見(東京スタジアム)に臨んだ。

 そこで、質問が出たのが、やはり新型コロナウイルスについてだ。初戦の相手である南アフリカは選手2人、スタッフ1人が陽性となり、大量の濃厚接触者も出た。ただ、キックオフ6時間前の検査で陰性であれば、試合には出場できる。

 吉田は、「ポジティブ(陽性)の選手が出てしまったことは非常に残念」と語りつつ、「今大会はそこのマネジメントが大事。自分たちのやることに集中して、いい準備をすることに尽きる」とコメントした。

【五輪代表PHOTO】オリンピックまであと少し!新しいウェアに身に纏いトレーニングを実施!
 海外の記者からも、「南アフリカの選手と濃厚接触するかもしれない。これは安心安全にプレーできる環境だと思うか」と質問が飛んだ。吉田は「イエス」と答え、こう続けている。

「(自身がプレーする)イタリアでも1年間、ポジティブが出た選手はスカット外になるという形でやってきた。個人的にはまったく問題がないと思っている。ホテルでも非常にに厳しいルールで生活している。今のところ危険を感じることはない」

 オンラインではなく、対面での記者会見となったため、「今日がいちばん危険だと思う」と締めくくった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「こんなこと言っていいか分からないですけど…」久保建英が濃厚接触者多数の南アフリカ戦に言及
日本の金メダルの可能性は? スペイン紙の五輪担当記者に訊く「優勝候補5か国に次ぐ存在、ニホンに勝つには骨が折れる」
「誰が出られるのかさえ分からない」日本戦を控え、南アフリカ監督が苦悩の胸中を告白
「メダル候補は5か国だ」男子五輪サッカーの覇権争いを米紙が展望! 要注目選手には久保建英の名も
【徹底考察】南ア、メキシコ、フランス。日本がグループステージを突破するための戦略は?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ