【日本14-0モンゴル|採点&寸評】MOMを選ぶのが難しい各選手の活躍ぶり! 最後まで手を抜かない戦い方は見事

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2021年03月30日

稲垣、古橋はともに2ゴール

予選5試合連続弾をマークした南野。コースを突いたシュートでゴールラッシュの口火を切った。。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

交代出場
FW
18 浅野拓磨 6.5(HT IN)
何度もチャンスに飛び込む。なかなかゴールは奪えずも、その前への想いがチームの活力になり、最後に自らもネットを揺らした。

MF
8 稲垣 祥 6.5(64分 IN)
代表デビューを果たすと、数分後には見事なシュートでゴール。名古屋での好調ぶりをしっかり示し、2ゴール目もマーク。

DF
20 中谷進之介 6(64分 IN)
同僚の稲垣とともに代表デビューを飾る。CBとして冷静にプレーし、クリーンシートに貢献。

MF
11 古橋亨梧 6.5(71分 IN)
20分少々の出場で代表初ゴールを含めた2点は素晴らしい。嗅覚はやはり彼の武器だった。

DF
4 畠中槙之輔 6(71分 IN)
吉田、冨安らと同じようにフィードでサイドの選手を生かした。ボールもキッチリ回収。
 

監督
森保 一 6.5
選手たちをしっかりモチベーションし、大勝に導いた。最後まで手を緩めないチームの戦い方は指揮官の信条を体現していた。

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

【PHOTO】モンゴル0-14日本|前後半で14ゴールとモンゴルを圧倒!24年ぶりとなる2桁勝利に!
【関連記事】
【日本3-0韓国|採点&寸評】日本が韓国に歴史的な快勝劇! MOMは山根、鎌田、遠藤の3人で大いに迷ったが…
【セルジオ越後】こんな“板倉デー”は滅多にないね。ただ、快勝したアルゼンチン戦のMVPは…
金田喜稔が斬る!「アルゼンチンとの再戦で奪った先制弾は、日本サッカーの歴史において革新的なゴールだ」
【岩本輝雄】アルゼンチンが強い? 嘘だね。あれで金メダル候補なら日本は余裕で優勝するよ
「ナイスーーー!」「落ち着きヤバいな」南野拓実がW杯予選5戦連発! 冷静なフィニッシュにファンも賛辞!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ