【日本14-0モンゴル|採点&寸評】MOMを選ぶのが難しい各選手の活躍ぶり! 最後まで手を抜かない戦い方は見事

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2021年03月30日

両SBも高い働き

【警告】日本=なし モンゴル=なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】大迫勇也(日本)

画像を見る

[カタール・ワールドカップ・アジア2次予選]日本 14-0 モンゴル/3月30日/フクダ電子アリーナ
 
【日本代表・総評】

 1年4か月ぶりのワールドカップ予選。本来は敵地・モンゴルでのアウェー戦となるはずだったが、新型コロナウイルスの影響でフクダ電子アリーナで無観客で開催された。日本は先の韓国戦(3-0)から両SBを変更(山根→松原、佐々木→小川)。序盤こそ粗いプレーが続いたが、ワイドな展開でサイドを生かし、前半だけで5ゴール。早々に勝負を決めた。

 後半は4-3-3を試す余裕ぶりで、デビューさせた稲垣にもゴールが生まれるなど14-0の大勝。実力差があった点は差し引かなくてはいけないが、最後まで攻撃の手を緩めず、迫力のあるプレーを見せた点は評価されて然るべき。MOMを選ぶのは難しい作業に……。

【PHOTO】モンゴル0-14日本|前後半で14ゴールとモンゴルを圧倒!24年ぶりとなる2桁勝利に!

【個人採点・寸評】
GK
12 権田修一 6
ピンチらしいピンチは終盤のCKくらいか。それでも声を出しながらチームメイトを叱咤激励し続け、CBへパスをつないだ。プレー機会が極端に少なかっただけに、逆に評価が難しい。
 
DF
2 松原 健 6.5
山根に代わってスタメン出場を果たす。ライン際をオーバーラップするよりはハーフスペースを上手く活用して一列前の伊東にパスを供球。南野の先制点をアシストし、39分にはクロスで相手のオウンゴールを誘発した。右サイドからの攻撃を支え、右SBの興味深い戦力に。

3 小川諒也 6.5
韓国戦でA代表デビューを果たしていた左SBは先発を掴む。果敢に攻撃参加し、クロスを狙った。前半は味方と息が合わないシーンがあったが、後半は連係もスムーズに。55分の大迫のゴールは彼がセカンドボールに競り勝ったからこそ生まれた。

16 冨安健洋 6.5(71分OUT)
なにより光ったのは左足でのフィード。左CBの位置から右サイドへロングボールを入れ、局面を展開。冷静な守備も含めて非常に効いていた。

22 吉田麻也 6.5(64分OUT)
冨安とともにサイドへのフィードの意識が高く、攻撃をテンポアップ。大迫のゴールにつながった鋭い縦パスも素晴らしかった。
 
【関連記事】
【日本3-0韓国|採点&寸評】日本が韓国に歴史的な快勝劇! MOMは山根、鎌田、遠藤の3人で大いに迷ったが…
【セルジオ越後】こんな“板倉デー”は滅多にないね。ただ、快勝したアルゼンチン戦のMVPは…
金田喜稔が斬る!「アルゼンチンとの再戦で奪った先制弾は、日本サッカーの歴史において革新的なゴールだ」
【岩本輝雄】アルゼンチンが強い? 嘘だね。あれで金メダル候補なら日本は余裕で優勝するよ
「ナイスーーー!」「落ち着きヤバいな」南野拓実がW杯予選5戦連発! 冷静なフィニッシュにファンも賛辞!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ