J過密日程でU-19日本代表のレギュラー争いが激化!久保建英は招集せずも、前線はタレントが目白押し

カテゴリ:高校・ユース・その他

松尾祐希

2020年09月18日

久保建英は招集しない方針だが、補って余りあるタレントが揃う

千葉で今季2ゴールを挙げている櫻川。190cmの長身を活かしたポストプレーも魅力だ。写真:徳原隆元

画像を見る

 実力者が揃うボランチのレギュラー争いは混沌としている。松岡大起(鳥栖)、山本理仁、藤田譲瑠チマ(ともに東京V)、武田英寿(浦和)、松本凪生(C大阪)、柴田壮介(湘南)がポジションを争う構図。ただ、サイドハーフが主戦場となる荒木遼太郎(鹿島)、成岡輝瑠(清水ユース)も対応できるだけに、大会前のコンディションがポイントになりそうだ。

 右サイドハーフは小田裕太郎(神戸)が軸。個の能力は世代屈指で局面を打開する力を持っている。松村優太(鹿島)などもJの舞台で経験を積んでおり、人材には事欠かない。左サイドハーフは鹿島で結果を残している荒木が一歩リード。鈴木唯人(清水)も継続的にリーグ戦で出番を得ており、こちらも層が厚い。

 最も選考が難しい最前線はA代表でプレーする久保建英は招集しない方針。だが、それを補って余りあるタレントが揃う。前回大会を経験している斉藤光毅(横浜FC)、高卒ルーキーながら鹿島でスタメンを争っている染野唯月(鹿島)はJの舞台で結果を残しており、コンディションが良い。

 その他にも個性豊かな面々が揃っており、誰が選ばれても遜色ない。190cmの大型FW櫻川ソロモンは高さ、J3で得点を量産する唐山翔自(G大阪)は決定力、昨季の高校サッカー選手権で活躍した晴山岬(町田)は動き出しの良さが武器。チーム事情で今年は未招集だが、選出されればエースとなりうる西川潤(C大阪)、スイスで実力を磨くスピードスター若月大和(シオン)も控えている。

 指揮官は誰をチョイスするのか。櫻川が予選の最終戦で退場処分を受けた影響で初戦と第2戦に出場できない事情も含め、大会の調子や相手の特徴を踏まえた上でメンバーを選ぶことになりそうだ。

「ベトナムで戦ったグループ、ブラジルで戦ったグループ、それ以外のグループ」に分けながら、強化を進めてきた影山監督。日を重ね、昨秋のU-17ワールドカップに出場した02年生まれ以降の選手、同時期のU-19アジア選手権予選に参加した01年生まれの選手たちが融合したチームになりつつある。
 
【関連記事】
【識者の視点】森保Jで先発11人を選ぶなら、外せないのは久保建英を含めて4人! 前線の構成は…
「選手権優勝」の看板を引っ提げて鹿島入り、プロ1年目の葛藤…世代屈指のドリブラー松村優太の現在地
ガンバが獲得した2019年のU-15年代最高クラスの才能。街クラブの超逸材はなぜ世代最強チームを選んだのか?
【日本代表】ストライカー不遇の法則。佐藤寿人、豊田陽平…それでも代表監督に愛されなかった理由
高校年代でも存在感は抜群の中学3年生!ヴェルディユースにまたひとり将来有望な逸材ドリブラーが出現

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ