J過密日程でU-19日本代表のレギュラー争いが激化!久保建英は招集せずも、前線はタレントが目白押し

カテゴリ:高校・ユース・その他

松尾祐希

2020年09月18日

コロナ禍による過密日程で出場機会を得る選手が増加。「何よりの強化になっている」

U-19日本代表候補メンバーと予想フォーメーション。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 23人の枠を巡る争いが白熱している。

 3大会連続のU-20ワールドカップを目指す若き日本代表。新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、ウズベキスタンで予定されていた今秋のU-19アジア選手権が来年初旬に延期となったが、2001年生まれ以降の選手たちがメンバー入りに向けてアピールを続けている。

 本来であれば、3月に開催地であるウズベキスタンで合宿を行ない、その後も国内合宿や海外遠征で強化を進める予定だった。だが、新型コロナウイルスの影響で予定していた活動は全て白紙に。7月初旬の千葉合宿から強化を再開したものの、8月初旬の活動は直前で選手に新型コロナウイルスの感染があったため行えなかった。9月14日から2か月ぶりに活動を再開したとはいえ、今年の活動は実質2回。昨年のU-20ワールドカップに出場したチームと比較すると、大会の開催時期が未定になっている点も含め、強化の面で難しい舵取りを迫られている。

 しかし、影山雅永監督は現状をネガティブに捉えていない。「前回のキャンプが7月頭。今回の活動はそこから2か月が経っている。(強化の面で)積み上げるというほど積み上げる回数がなかった」としつつも、リーグ戦で出場機会を得ている選手が多くいるからだ。

「Jリーグが過密日程になっていて、その中で出場機会を掴んだ選手が非常に多い。選手にとって、クラブでの活動が強化になる。今は毎週どころか週に2回試合があるので、自チームで活躍してくれるのが何よりの強化になっています。代表のスタッフもそういう選手たちのパフォーマンスを追いながら、(チーム事情で)招集できる選手とできない選手が出ている中で、シンプルなコンセプトで選手の良さを出す作業を合宿の中で粛々とやっていく。旬な選手、力を付けている選手を見逃さないようにしたい」

 開催できなかった合宿も含め、今年の活動でリストに名を連ねた選手は47名。ルーキー組が多い中でも、出場機会を得られているのはチームにとってプラスの材料だろう。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ